スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

余裕が無い政権与党! ひたすら国防軍と国債日銀引き受けへとまい進する安倍総裁! TPP協議参加反対で踏み絵を迫る農協!

今回の選挙の争点は何なんでしょうか。
一番はどこの政党に日本の進路を委ねるかなんでしょうけど。

次の政権政党となる可能性が高まっていると言われている自民党。
友党の公明党の嫌がる「国防軍創設」へひた走り。
国債の日銀引き受けへと圧力を強める。これで国際社会から受け入れられるんでしょうか。

農協は支持の見返りにTPP協議不参加を迫るために踏み絵。

政権与党の民主党は政権交代前の野党に立ち返ったかのようなふるまい。

日本の不幸はやはり政治家の質かもしれませんね。

『衆院選2012 民主、野党時代に逆戻り VS自民・VS維新の二正面作戦
 ■「反発」「批判」もすっかり埋没
 衆院解散後、野田佳彦首相(民主党代表)が対自民党、対日本維新の会の「二正面作戦」を展開している。首相は25日午前、テレビ朝日番組に出演し、安倍晋三自民党総裁が唱える大胆な金融緩和策に反発。午後は日本維新の会の本拠地、大阪に乗り込み、自民党や第三極を批判した。政権与党としての余裕はもはやなく、野党時代に逆戻りした印象すら与えている。
 国会審議では野党側の協力も必要なため慎重な発言が多かった首相だが、解散後は安倍氏らへの批判を強めている。この日の番組で首相が“口撃”の標的にしたのは、安倍氏が強く求めている日銀による建設国債引き受けだった。
 「極めて危険だ。借金を残し国民にとって大変迷惑な話だ」
 自身の後に安倍氏が出演するのを意識しているのは明らかだった。安倍氏を挑発することで「民主対自民」の構図に持ち込み維新など第三極を埋没させる。そんな思惑がちらつく。
 平成21年衆院選のマニフェスト(政権公約)で掲げた主要政策が破綻したこともあり、争点を変えたいとの狙いもあるとみられる。世襲問題や、安倍氏との1対1での党首討論もその発想の延長線上にある。
 それは、ひとえに維新が脅威だからにほかならない。首相が公示前の早い時期に大阪入りしたのは危機感の表れといえる。
 真っ先に向かったのは女房役の藤村修官房長官が出馬する大阪7区。首相は吹田市内でマイクを握り、藤村氏への支援を連呼した。だが、拍手はまばら。自民と維新に挟み撃ちにされ、失速気味の民主党の現状を象徴していた。
 「エネルギーや外交・安全保障、税制で方向感が分からない第三極に、国のかじ取りを任せるのか」「選挙前に合従連衡を行って、どっちの方向に行くか分からない政治勢力に国の将来を委ねるのか」…
 首相は大阪8、9、10区にも足を運び、こう叫び続けたが、大阪で維新を念頭に置いた第三極批判を展開したところで、盛り上がるはずもない。
 維新の橋下徹代表代行は25日、愛媛県大洲市での街頭演説で「医療、介護、年金は20年前から破綻していたが、今までの政治家は選挙のたびにいいことしか言わなかった」と強調した。
 対既成政党という構図を持ち込もうとする第三極に、政権奪取の勢いを見せる自民党。民主党はすっかり埋没している。』
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。