スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

鳩山総理がはっきり辺野古と言っているのに! 社民党さん日本語が理解できなんですかね~!

社民党党首の福島瑞穂大臣の記者会見を聞いたり、記事で読んだりして感じるのは、もしかしたらこの大臣と社民党は日本語を理解できていないのではないかということです。わざと理解したくないのかもしれませんけども。
「社民党は27日午前の常任幹事会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を名護市辺野古に移設することを前提とした政府方針に反対し、党首の福島瑞穂消費者行政担当相が閣議で署名しない方針を決めた。閣議は28日で、鳩山由紀夫首相が全閣僚の署名を求める閣議決定や閣議了解とする場合、福島氏を罷免せざるを得ない事態になる。」この記事を読めば、社民党は既に罷免される前に政権離脱が当然と思うのですがね。

鳩山由紀夫総理も自分で明確に地元沖縄でも辺野古という地名を出しているんですから、それを社民党が反対するから地名を表に出すのは止めよう、ということになれば沖縄での発言はなんだったんでしょうか。諸外国もどう判断するでしょうか。ただ一言、「日本は信用できない国だ」ということになるのではとでしょうか。

その鳩山由紀夫総理が党首を務め、小沢一郎議員が幹事長を務めている民主党では「桜井充参院政審会長は会合後、記者団に『首相が県外とか腹案とかと発言し、混迷を深めた。しっかりしてほしい』。別の幹部は『国民の信頼を失った首相に辞めてもらえば、すべてうまくいく』と露骨に退陣を求めた。普天間問題で社民党の意向に十分な配慮をみせない姿勢についても『参院選では、社民の協力がないと厳しい選挙区がある』『社民党は非常に大切なパートナー』などと異論が相次いだ。こうした声は参院選で改選を迎える議員が中心。『このままでは選挙は厳しいと肌で感じている』(幹部)当事者がSOSサインを発したともいえる。」という記事で読み取れるように自分たちの選挙のみしか目に入れていないということが良く分りますね。
ましてや国民、国益という言葉はこの方々の辞書にも頭にもないのでしょうね。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。