スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

政策課題で政界再編が行われるべきときだと思うんですけど!

野田総理が重い腰をようやく上げるようですね。
TPPこれってこれからの日本を考えると避けて通れないと思うんですよね。

民主党にはTPP参加賛成と反対の議員がいるようですし、交渉参加を言い出したの総理に対して反対の動きがこれから大きくなっていくんでしょう。
自民党にも交渉参加賛成と反対論者がいるんですね。

反対論者は農協の票に頼っている政治屋がほとんどのようですけど。

どちらの党にも賛成・反対論者がいるので動きが取れないのなら、ここは政策で政界再編へ動いて欲しいですね。

それに小選挙区制では選択の余地がない面がありますから、中選挙区制へ選挙制度を戻して欲しいとも思いますね。

『TPP 民主党内対立再燃
 環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加をめぐり、民主党内の対立が再び激化してきた。前原誠司国家戦略担当相が九日の記者会見で、次期衆院選の民主党マニフェストに交渉参加を明記し、争点にすべきだとの考えを示したのに対し、慎重派が反発。もともと積極派の野田佳彦首相が参加表明して、年内に衆院解散に打って出るとの観測も流れ、党分裂含みの対立になっている。 
 前原氏は記者会見で「TPPの交渉参加など自由貿易を進めることが大事だ」と指摘。次の衆院選に関し「公共事業の在り方の違い、原発推進か脱原発か、TPP賛成か反対かは公約に掲げるべきだ」と明言した。
 民主党として脱原発やTPP賛成を明確にすることで、自民党との政策の違いを鮮明にする狙いがある。
 枝野幸男経済産業相もTPPについて「次の選挙までに結論を出すべきだ」と、早期の交渉参加が必要との考えを表明。藤村修官房長官も「(次の衆院選の)争点の一つになる可能性は十分ある」と同調した。
 重要閣僚の相次ぐ前向きな発言に、党内の慎重派から異論が噴出。民主党内の有志議員でつくる「TPPを慎重に考える会」(山田正彦会長)は緊急役員会を開き、政府に対して厳重に抗議する方針を決定。参加者の一人は「集団離党も辞さない」と明言した。
 山田氏はその後、国会内で輿石東幹事長と会談し、首相がTPP交渉参加を決めれば「覚悟している仲間もかなりいる」と、離党者が相次ぐことを示唆。輿石氏は首相が年内にTPP交渉参加を表明することも、年内に衆院を解散することも「あり得ない」と断言し、山田氏に自重を求めた。
 TPP問題で離党者が出れば衆院で与党が過半数割れに陥り、内閣不信任案が可決される事態も予想される。この問題が「野田降ろし」に発展する可能性もある。』

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。