スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

維新と石原新党、みんなの党と第三極なるもの果たして機能するのか!

石原前東京都知事が投げた新党の波紋が大きく拡がってきているようですね。
なかでも政権与党の民主党が大きく揺らいでいるような感じを受けました。

元々が右から左まで幅広く、自民党から出れなかったから、小政党のままではどうしようもないから、権力に近づきたいから、と言うだけで集まった烏合の衆、詐欺政党ですものね。
後どのくらい離党者が出るんでしょうか。

党首でもある野田総理の発言が全く信じられないのですから、国民は悲劇のどん底ですけど、民主党の国会議員も先行き不安でしょうね。
このまま行けば過半数どころか次の総選挙では二桁とも言われていますものね。
でも消滅したほうがいい政党だとも思いますけど。

『石原新党、第2勢力に 橋下維新と連携で130議席の予測 
 東京都の石原慎太郎知事が「明治以来の中央集権、官僚制度をシャッフルする」といい、職を辞して立ち上げる新党に注目が集まっている。次期衆院選の「台風の目」とされる、大阪市の橋下徹市長率いる「日本維新の会(維新)」との連携がうまくいけば、政権にしがみつくだけの民主党は駆逐されかねない。一体、「石原・維新」連合には、どのくらいの破壊力があるのか。専門家の見立てでは、最高、民主党を上回る130議席という数字も出た。
 次期衆院選の構図を一変させかねない、突然の都知事辞職と新党立ち上げ宣言。永田町の一部では、今週初めから、石原氏の盟友・平沼赳夫代表率いる「たちあがれ日本」について、「緊急全国支部長会議が30日に召集された。動きがあるぞ」と警戒されていた。
 このタイミングでの決断について、政治評論家の浅川博忠氏は「石原氏としては短期決戦がベスト。『今発表すれば、民主党を衆院過半数に追い込む離党者が出たり、野田佳彦首相が焦って、来週からの臨時国会で解散するかも』と期待したのでは」といい、「長男の伸晃氏が敗れた自民党総裁選(9月26日)から1カ月過ぎ、気持ちの整理ができたことも関係している」と分析した。
 今後の注目は、石原氏が会見で「大阪の仲間」と語ったように、橋下氏率いる維新との連携になる。橋下氏は同日、「政策と価値観で一致がないと有権者にソッポを向かれる」と語ったが、もともと、両氏は都内や大阪で何度も会談し、意見交換してきた。
 お互いに「考え方が同じ」「石原御大はすごい」と評価しており、「東の石原、西の橋下」と連携できれば、その威力は計り知れない。

 政治評論家の小林吉弥氏は「『石原・維新』連合に、渡辺喜美代表の『みんなの党』も加わるのでは。(憲法改正や原発問題など)政策に距離はあっても、(選挙に勝つという)大義の前では何とでもなる。渡辺氏の父、美智雄元副総理は、石原氏とは『青嵐会』の盟友だった。この連携は永田町にとって相当な起爆剤になる」という。
 そして、次期衆院選での主要各党の獲得議席について、小林氏は「自民党は比較第1党だが、これで単独過半数はなくなった。200議席前後では。『石原・維新』連合が、全小選挙区に候補者を立てられれば、100議席前後で、第2党に大躍進する。民主党は間違いなく第3党、80議席程度だろう」と予測する。
 一方、浅川氏は「『石原・維新』連合は、東西で住み分けでき、格好のパートナーになる。外交政策もほぼ合致する。維新はみんなとの連携をご破算にするのではないか。年内解散ならば、自民党は比較第1党で200~220議席。『石原・維新』連合は120~130議席は行きそうだ。民主党は80議席前後だろう」と読む。
 ともに、「石原・維新」連合が、堂々たる比較第2勢力になるという見方だ。
 こうなると、石原、橋下両氏は保守政治家だけに、選挙後に、比較第1党となる安倍晋三総裁率いる自民党と組んで、「政界再編」や「保守再生」を仕掛ける可能性もありそう。
 民主、自民両党以外の第3極としては、「石原・維新」連合以外に、「国民の生活が第一」の小沢一郎代表が提唱する「オリーブの木」構想があるが、石原氏や、橋下氏以外の維新幹部が「小沢嫌い」で有名なため、小林氏は「オリーブの木は一休み。民主、自民、『石原・維新』連合のよる三つどもえの戦いで、小沢新党はじめ、中小政党は埋没する」と語る。
 こうしたなか、次期衆院選で惨敗必至とみられる民主党は、死に物狂いで、政権にしがみついている。日本経済を回復させる手も打てず、中国や韓国による領土・主権侵害を許している政権が延命に必死になる姿は醜いが、これが長引けば、「石原・維新」連合にも影響を与えかねない。
 浅川氏は「解散を先送りされて、来年夏の衆参ダブル選挙となると、『石原・維新』連合はインパクトもなくなり、資金的にも厳しくなる。100議席にも届かないかもしれない」と語る。
 傘寿を迎えた石原氏の決断に、国民はどう反応するのか。』

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。