スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

右へ! 右へ! 果たしてどこまで突き進むんでしょうか! 

ただ望むのは平和で安心して暮らせることだけなんですけど。
民主党政権で生活を壊され、近隣国とは予断を許さない状況へと突き進まれ・・・。

野党自民党は政権放り出しの安倍晋三総裁で右傾向を強め、それを保守だと強弁。

そこに持ってきて極右の石原東京都知事が都知事を辞職して新党。
どんな新党になるんでしょうか。
少しは期待できると良いんですけど、自民党の右傾化を見ていると・・・。


『安倍氏とのタッグで強まる尖閣実効支配 石原氏国政復帰
 東京都の石原慎太郎知事が「国政復帰」と「新党結成」を宣言した。今年4月、都による尖閣諸島購入を打ち上げ、日本人に領土意識・主権意識を目覚めさせた石原氏の決断。対日圧力を強める中国共産党への牽制とともに、国防を担う自衛隊への強力な援軍となりそうだ。
 「われわれは論評しない」
 中国外務省の洪磊報道官は25日の定例会見で、石原氏が国政に復帰する意向を表明したことについて、無関心を装った。だが、国営新華社通信が速報するなど、その動向を警戒し、怯えていることは間違いなさそう。
 中国を「支那(シナ)」と呼ぶなど、石原氏には「反中政治家」というイメージがあるが、一昨年10月、中国誌「南方人物週刊」のインタビューでは、「私は、中国文化は好き。中国の共産主義は嫌い」「共産主義者と対極の立場に立つ」と語っている。
 このため、一昨年の尖閣沖中国漁船衝突事件について、「中国のやっていることは理不尽で、ヤクザがやっていることと同じ」と発言。今年4月、都による尖閣購入計画を発表した際は、「東京都が尖閣を守る。どこの国が嫌がろうと、日本人が日本の国土を守る」と言い切った。
 こうした言動が、民主党政権による尖閣国有化につながっただけでなく、「事実上、次期首相を選ぶ戦い」といわれた、9月の自民党総裁選にも影響した。
 安倍晋三総裁は、尖閣諸島の実効支配に関する石原氏の公開質問状に対し、「自然環境の保全を重視し、当面は漁民のための船だまりの設置、また、公務員が常駐する施設設置なども検討する」と回答している。
 石原氏が国政復帰して、安倍氏と手を組めば、尖閣の実効支配は強まりそうだ。
 国防の最前線に立つ自衛隊にも、石原氏の「国政復帰」は心強い。
 都知事就任の翌年(2000年)9月、石原氏は、首都圏直下型地震などへの対処能力を検証するため東京都総合防災訓練「ビッグレスキュー東京2000」を開催し、自衛隊員7100人を参加させた。こうした経験が、東日本大震災での、自衛隊の大活躍につながったといえる。
 石原氏は今年4月、大震災の被災地支援に就いた陸上自衛隊の式典で、「戦後、大きな危機にさらされず、平和の毒にも侵され、物の考え方が安易になった。自分で国を守る気概がない民族が栄えたことはない」といい、「自衛隊に期待するなら、国全体でバックアップしなければ、体を張って戦う崇高な仕事にどうやって報いられるのか。自衛隊が火急のときに、命がけで戦える大きな素地をみんなで志して作ろう」と訴えた。
 尖閣防衛をめぐっては、領海侵犯した外国公船を強制排除するための法整備や、領海警備のための自衛隊法改正などが必要とされるが、石原氏の国政復帰はこの後押しとなりそうだ。』

『自民、国会審議へ方針転換説明 公明は難色
 自民党の石破茂幹事長は26日午前、公明党の井上義久幹事長と国会内で会談し、29日召集の臨時国会対応で、野田佳彦首相が衆院解散時期を明示しない限り審議に応じないとした従来の方針を転換したことを説明し、理解を求めた。公明党側は難色を示したという。
 両幹事長は、衆参両院での首相の所信表明演説と代表質問に応じるかは今後の民主党側の対応を見極めた上で、各野党の意向を踏まえ判断すると確認した。
 自民党は25日夜の幹部会合で方針転換を確認。衆参両院ともに予算委員会から出席する方向で調整し、公債発行特例法案を速やかに成立させ「解散環境」を整える案を検討している。』

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。