スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

やっと辞任ですか! 法務大臣ぬ適格者を法務大臣に任命した責任は野田総理・・・!

外国人献金と暴力団関係者との交際で問題になり、国会議員の常套手段で病院に逃げ込んでいた法務大臣がやっと辞任ですか。
野田政権はこんな問題閣僚と言うか、問題議員しかいないんでしょうか。
それとも波長が野田総理と会うんでしょうか。

野党はどう動くんでしょうかね。
国会審議で明らかにした方がいいと思うんですけど、審議拒否なんでしょうか。
残念ですね。

『田中法相が辞任 事実上の更迭、政権への打撃必至
 外国人献金や過去の暴力団関係者との交際を認めた田中慶秋(けいしゅう)法相(74)が23日朝、野田佳彦首相あてに辞表を提出し、受理された。体調不良を理由としたが、国会運営への影響を避けるため事実上、更迭された。内閣改造からわずか23日目の辞任に首相の任命責任が問われることは確実で、政権への打撃は必至だ。
 田中氏は23日朝に法相秘書官を通じて辞表を提出。野田首相に電話し、辞意を直接伝えた。これに対し首相は「こんなことになって申し訳ない。残念でなりません」と答えたという。
 胸の痛みを訴えて都内の病院に入院していた田中氏は22日に退院。23日午前の閣議は欠席し、閣議後の定例記者会見も中止した。』

『@野党、首相の任命責任を追及 法相辞任、仙谷氏も批判
 田中慶秋法相辞任で、野党は野田佳彦首相の任命責任を問う構えだ。一方、民主党の仙谷由人副代表も首相の改造人事を批判した。
 自民党の石破茂幹事長は23日午前の記者会見で「不適格な人をなぜ任命したのか。野田内閣になって閣僚交代の頻度が高い。責任感がなく学習能力もない」と批判。公明党の漆原良夫国対委員長も記者団に「首相の任命責任は非常に重い。閣僚の任命を野田内閣は軽く考えている」と語った。
 また、共産党の穀田恵二国対委員長も朝日新聞の取材に「辞任すれば終わりではなく、真相究明せずにかばい続けた首相や官房長官の責任は重い」と語った。』

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。