スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

憲法違反もなんのその! いざわが道を行かん民主党! どこの国の政党なんでしょうか! 

問題閣僚がまたまた辞任ですか。
辞任する前にしっかりとした説明が欲しいですね。

しかし民主党政権と言うのは大臣の辞任と言うのが年中行事ですね。
これで国政が任せられるんでしょうか。

国会からの出席要請があった時には国会に出席しないといけないという日本国憲法をどう考えているんでしょうか。
国会の要請を無視して欠席を指示したのが政権与党の民主党と言う報道もありましたが、どこの国の政党なんでしょうか。
マニフェスト、国民との約束を平気で破り、憲法までも平気で違反するというのが政権与党という現状をどう考えたら良いんでしょうか。

『田中法相が辞任の意向 野田首相、事実上の更迭に踏み切る
 外国人献金問題や暴力団関係者との交際が判明した田中慶秋法相は19日、辞任する意向を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。自民、公明両党は近く召集される臨時国会で参院への問責決議案提出を検討しており、可決は必至。平成24年度予算の裏付けとなる特例公債法案など懸案の処理に影響が出るとみて、野田佳彦首相は田中氏の事実上の更迭に踏み切る。』


そして、事業仕分けで一時期評判を獲ったこの議員たち。
恥を知ると言う日本の古来からの文化を消失させていますね。
もっとも一人は元々外国人ですから・・・。

『“仕分けコンビ”、復興予算で開き直り連発 自公に責任転嫁
 東日本大震災の復興予算の「流用」問題を審議した18日の参院決算委員会で、かつての「仕分けコンビ」が開き直りとも取れる発言を連発した。平成21年の政権交代直後の「事業仕分け」では、歯切れ良く予算のムダ削減を訴えていた枝野幸男経済産業相と蓮舫元行政刷新担当相。3年余りの与党暮らしの末、「言い訳」を余儀なくされる場面が目立った。
 「あのー、ミソもクソも一緒にした議論はやめていただきたい」
 普段は理路整然と答弁することが多い枝野氏の冷静さを欠いた答弁に、委員会室は騒然となった。自民党の森雅子氏が、流用問題で地元・福島の企業向け立地補助金が不足していることを厳しく指摘したときのことだ。
 山本順三委員長(自民)はすかさず、「言葉は慎重に選んでください」と注意したが、枝野氏は「間違ったことを言っているとは思わない」と収まらず、「被災地以外に予算が使われていることは、理由も原因も全然別の話だ」とまくし立てた。自民、公明両党にも責任があるといわんばかりだった。
 枝野氏は自ら発した「ミソもクソも」という発言だけは、「あまり上品でなかったので、おわびして撤回する」と謝罪したが、復興予算に計上された立地補助金の大部分が被災地以外の企業を対象としているのは事実。激高したことで、かえって所管する「省益」を堅持しようという姿勢を印象づける結果となった。
 民主党委員として質問の先陣を切った蓮舫氏は、より露骨な形で自公両党に流用問題の責任を転嫁した。
 「一言言わせていただきたい。もともと内閣が出した復興基本法案は対象を被災地に限定していたが、自民党さん、公明党さんからの建設的な意見も踏まえ、対象は日本全国になった」
 蓮舫氏は、被災地以外の全国防災事業に復興予算が充てられた経緯に関し、こう強調した。
 初の本格的復旧・復興予算となった23年度第3次補正予算の編成をめぐる自民党の行状について「さらに7・1兆円上積みしろといわれた」「立地補助金が足りないから5千億円上乗せしろと指摘された」-などと“暴露”したが、逆に政権与党としての責任を棚上しようとする姿勢が浮き彫りに。
 そこには、かつての「仕分けの女王」の面影はなかった。』
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。