スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

さすが石破幹事長! 果たして幹事長の思いが地方にまで届き実行できるか!

衆議院議員候補者の選定での石破茂幹事長の地方組織への通知。
当然だと思いますけどね。
これまでがおかしいんだと思います。
この党員投票ででも選ばれるのなら本当に民意を受けた候補者なんでしょうね。

できれば現職にも実行して欲しいものですけど。

『小選挙区候補者:自民、公募と併せ、党員投票実施へ
 自民党は次期衆院選の小選挙区候補予定者を決める際、公募と併せ、対象選挙区内で党員による投票を行うよう各都道府県連に通知した。石破茂幹事長が15日の記者会見で明らかにした。引退議員の子どもが公募の手続きを経て、後継候補に決定したケースが続いたため、「世襲批判」をかわす狙いがある。
 石破氏は記者会見で「その人がふさわしいかは、党員によって決める」と強調した。通知で公募の応募者が1人でも党員投票を実施するよう要請しており、石破氏は「(応募者への)信任が非常に低ければ、(選考の)やり直しもある」との認識を示した。
 自民党は09年衆院選の公約で、引退議員の配偶者や3親等以内の親族を同じ選挙区で公認・推薦しないことを明記。しかし、その後、世襲も認める方針に転じ、次期衆院選では北海道12区で武部勤元幹事長の長男、香川3区で大野功統元防衛庁長官の長男をそれぞれ選挙区支部長に選んでいる。』

こうした中今日から始まるという鹿児島県第三選挙区での補欠選挙。候補者がスキャンダルで副大臣を辞任したことなんか関係ないんでしょうね。
クリーンを標榜している公明党も推薦するというんですから。
公明党のクリーンもその程度なんでしょうね。

結果はやる前から○○○と思うんですけど、自民党候補は初当選からず~と選挙運動をやっていて、前回落選してからは選挙区で張り付いて票集めをやっているんですよね。
それも操作に選挙の後だから、全党挙げて支援するということ。

対して、対立候補は一度民主党公認候補で立候補するも当然落選。そのあとに自殺した松下議員の政策秘書になったらしいですね。
そして今回は国民新党から松下氏の後継候補として、国民新党公認、民主党推薦候補として立候補。
自民党も民主党も総力戦で臨むという記事が紙面を踊っています。
しかし、民主党は地元議員もバラバラのようで、総力戦には程遠いというのが私が受けた感想なんですけど。

石破茂幹事長の指示がこの選挙の前に実施されていたら、果たして鹿児島のこの選挙区で候補者の選定はどうなっていたんでしょうかね。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。