スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

機能しない政治とポピュリズム! 日本はどこへ連れて行かれるんでしょうか!

中国問題で日本の経済が踊りば局面に入ったようですね。
日本はこれまで人件費が安い等で中国に余りにのめりこみすぎてたのではないでしょうか。
人件費が安いからといって中国をはじめ東南アジアからの輸入で安いものが溢れて資源の無駄遣いも多かったですよね。
工場が中国へ進出し、日本での働き場を無くしていたんですものね。
そのうえ日本の企業が中国へ技術移転し、国際競争力も無くしたものも多いのではないでしょうか。
今の日本社会の病巣はバブルの前に根があるんでしょうかね。

それなのに、政権交代しても労働組合の支援を受けている民主党も経団連、大手企業にしか眼を向けていないんですよね。
だから、労働組合、大企業、公務員、それぞれの言うことばかりを聞いているから、実効性のある対策が何も打てないのと違いますかね。
その民主党の野田政権、これまでも国民目線とはかけ離れた大臣が何人も誕生していますが、酷い大臣の上から数えたほうがいいのは、やはり田中文部科学大臣でしょうか。

『紀子起用、野田のセンスを疑う 財務相も官僚の“軽い御輿”
 野田佳彦首相は内閣を改造した。多くの識者がコメントしているように論功行賞が目立つ。ある評論家が「フェアウェル内閣」といい、民主党政権さよなら記念のようだと言っていた。現実問題としても崖っぷちの人が多いので、選挙のために大臣で箔(はく)を付けたい人が多い。
 論功の対象は消費税増税への賛成や代表選での野田再選支持で、財務相の城島光力前国対委員長、総務相の樽床伸二前幹事長代行、法務・拉致担当相の田中慶秋副代表、国家公安委員会委員長の小平忠正衆院議院運営委員長、文部科学相の田中真紀子氏、金融担当大臣の中塚一宏内閣府副大臣などは典型的だ。
 田中真紀子氏は、小泉政権で外相を務めた際、外務省内を混乱させたとして更迭された経緯があるとともに、衆院外務委員長時に強引な委員会運営で停滞を招いた。独走しやすく、失言も多いので、閣僚としての手腕に大いに疑問がある。このような人物を閣僚とする野田首相には人事のセンスを疑わざるを得ない。
 尖閣諸島で日中関係が悪化している中で、中国向けメッセージとされる。父の田中角栄元首相が日中国交回復に尽力したのは事実だが、真紀子氏本人の貢献ではないだろう。
 ここで、主要閣僚を見てみよう。財務相は城島氏が、初入閣でいきなり重要大臣になった。前任の国対委員長で消費税を通した論功であるが、実際には財務官僚が消費税増税では総動員され、城島氏は財務省の振り付け通りに行動し、財務省の御輿(みこし)に乗っただけだ。
 そのまま、財務相としても財務省の御輿に乗るわけだが、前任の安住氏と同様に軽い方がいいというところだろう。消費税増税しないと日本が沈没するというような、デタラメが平気で出てくるだろう。
 経済産業相は枝野幸男氏が再任された。9月14日に「革新的エネルギー・環境戦略」をエネルギー・環境戦略会議で決定したのち、経団連の米倉会長ら財界から猛反発を受けると、19日には、戦略そのものの閣議決定は見送り。原発はゼロといいつつ燃料サイクルは維持、青森県の大間原発と島根原発3号機の建設継続は容認など、素人から見てもやっていることは明らかにちぐはぐだ。その迷走が継続されるわけだ。
 樽床総務相は衆院大阪12区選出で、維新の会とは地元大阪でかなりやり合っている。樽床氏に落選の危機があるので、総務相に持ってきたが、維新の会が押している「大阪都構想」で一悶着しそうな気配だ。実際、大阪都構想の生殺与奪を握っているのが総務大臣である。場合によっては、橋下氏の足かせになりかねない。
 面白いのが、経済財政兼国家戦略相の前原誠司前政調会長。デフレ脱却のために政調会長時代に主張していた政府と日銀との間で政策協定(アコード)を結ぶ案をどのように実現するか。日銀の金融政策決定会合に自らが出席する意向も示し、やる気を見せている。』

それでは自民党がいいかというと、ビックリなのは70歳過ぎのスキャンダルで副大臣を棒に振った前議員が鹿児島の補欠選挙で自民党公認候補者なんですって。
もっとっもこの前議員は安倍総裁の派閥らしいですから・・・。
自民党も民意を汲み取らなかったですけど、再登板の総裁もやはり・・・。

ここはやはり石破幹事長しかいないですか。
こんな日本をつくりたいこんな日本をつくりたい
(2012/09/07)
石破茂、宇野常寛 他

商品詳細を見る


こんな日本から逃げだ出したくなりますが、そんなわけにもいかず、人というものについて考えてみた休日です。
この本も人を考えるのに良いと思いました。
人は死なない。では、どうする?人は死なない。では、どうする?
(2012/07/02)
矢作 直樹、中 健次郎 他

商品詳細を見る

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。