スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

国民も国益も国家も何もなし! あるのはわが身の保身のみの民主党政権!

先の通常国会終盤で単独で衆議院を通して、成立の見込みを遠くしてしまった「特例公債法案」「衆議院の定数是正の法案」。

民主党政権、内閣改造で国会答弁できない大臣を就任させたのか、臨時国会を召集する気が全くないようですね。
それもマスコミの世論調査で内閣支持率も上がらず、政党支持率も自民党に差をつけられ始めていることに怖れ慄いているからでしょうか。

それもただ単に民主党を存続させたい、それより自分が高給取りの国会議員の職にとどまりたいというだけなんでしょうかね。

民主党の辞書には「約束とは破るためのもの」とでもあるんでしょうね。
こんなに公的に約束したことを悉く破る政党が政党として存続していいものでしょうか。
内閣総理大臣ともあろうものが「約束を破って平気」という姿を国民に見せて平気と言うのも・・・。
これでは日本がますます沈み込んでしまうのもむべなるかなですね。

『「新閣僚狙い撃ち」警戒で?国会召集急がず
 次期臨時国会を巡り、政府・民主党は召集を急がず、懸案についての自民党との協議を優先する構えを強めている。
 赤字国債発行に必要な特例公債法案の成立見通しが立たず、野党が強硬姿勢に出れば衆院解散に追い込まれるとの危機感が背景にある。国会召集の遅れで年内解散を困難視する声も出始めた。
 「特例公債なしで財政運営は不可能。危機感を野党にも共有してもらい、次期国会で速やかに可決すべく協力を呼びかけていく」
 野田首相は3日、連合中央委員会でこうあいさつした。同法案が成立しないと「11月末には財源が枯渇する」(財務省)と言われ、行政サービスに影響が出る恐れがある。だが、藤村官房長官は3日の記者会見で「(民主、自民、公明)3党の協議がまず必要。それを見守っている」と述べるだけだった。首相は来週以降、自公両党に党首会談を呼びかける意向で、岡田副総理らは自民党が2012年度予算の減額補正の具体案を示せば柔軟対応する考えも示している。自民党は年内の衆院解散実現を目指し、同法案の成立に応じる条件として「解散時期の明示」を求める構えを崩しておらず、政府・民主党には「国会を開けば新閣僚が狙い撃ちされる」との警戒感もある。岡田氏は「審議のメドが立たなければ、開くだけの意味が見いだせない」と臨時国会を開かない可能性まで示唆して揺さぶるが、自民党に軟化の兆しはない。』

国難: 政治に幻想はいらない国難: 政治に幻想はいらない
(2012/08/31)
石破 茂

商品詳細を見る
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。