スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

機器で電話し支持訴え! お金かかるんでしょうけど、費用対効果はどうなんでしょうか?

自民党総裁選挙、相変わらずお金かかるんでしょうね。
党員になっていると言う知り合いの話では候補者者本人から電話がかかってきたと思ったら、機械で録音を流すだけみたいだった、とのこと。

最初本人からと思ってビックリしたところ、一方的にしゃべって切れたとの事でした。
こんなので意思が通じるんでしょうかね。
儲かるのはその業務を請け負った業者だけなのでは。
総選挙でこんなことやったらその候補者には絶対に入れませんけど。

それが5人の候補者陣営全部がそれをやっているとしたら・・・。

読売新聞の記事から行くと最後には放り投げの安倍総裁で決まりなんですかね。

『石破・安倍・石原氏競る、決選投票へ…読売調査
 自民党総裁選(26日投開票)は、石破茂前政調会長(55)、安倍晋三元首相(57)、石原伸晃幹事長(55)の3氏が激しく競り合っていることが16日、読売新聞社の調査で明らかになった。
 全国の自民党員の投票傾向を電話調査したところ、4割弱が石破氏を支持し、安倍、石原両氏も2割の支持を得ている。国会議員の支持動向は、安倍氏と石原氏がトップ争いを演じている。予想される3氏の獲得票が拮抗していることから、1回目の投票で過半数を獲得する候補はなく、上位2人による決選投票に持ち込まれるのは確実な情勢だ。
 自民党員の投票傾向に関する電話調査は、14日から16日までの3日間、47都道府県すべてで実施し、自民党員と確認した1640人から回答を得た。
 総裁選で誰に投票するか聞いたところ、石破氏が37%でトップとなり、次いで安倍氏21%、石原氏20%、町村信孝元官房長官(67)6%、林芳正政調会長代理(51)2%の順だった。
 総裁選は、199の議員票と300の党員票の計499票で争われ、1回目の投票で過半数に達する候補がいなかった場合、199の議員票のみで上位2人による決選投票が行われる。』

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。