スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

与野党談合の増税法案を成立させる前に解散・総選挙が筋ではないんですか! 自民党さん!

自民党の執行部、中でも谷垣総裁。
増税法案を成立させてから、解散・総選挙とおっしゃっていますが、逆なのではないですか。
国民生活を破綻させ、景気をさらに悪化させる増税法案を成立させていいものかどうか、国民に問うための解散・総選挙を行うべきではないでしょうか。

増税法案に対しての意思表示が成立後では、意趣返しにしかならないではないですか。
ここは是非、明日にでも民主党、自民党、公明党では党内で誰が賛成で、誰が反対なのかを明らかにして、衆議院を早急に解散して、国民に信を問うべきでしょう。
そこで増税賛成の候補者が過半数を制したら増税したいいですよ。

民主党と自民党と公明党3党の談合で国民生活を崩壊させる法案を国民の信も問わずに国民に押し付けるのには断固反対です。

外国ではもっと高い税率だといっても、高い税率の国は社会保障が日本とは比べ物にならないくらい手厚いじゃないですか。日本の場合は票目当てのバラマキに消えてしまうでしょう。
成立前の解散を是非。

『20日に民自公、党首会談へ 消費増税で協力確認』
『野田佳彦首相(民主党代表)は16日、消費税増税関連法案をめぐる民主、自民、公明3党の修正合意を受け、20日に自民党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表と党首会談する意向を固めた。首相は法案の成立に協力を要請する。谷垣氏は見返りの形で早期の衆院解散・総選挙を要求するとみられ、首相の対応が焦点となる。
 首相は21日の今国会会期末までに増税法案を衆院で採決・可決する考え。政府、与党内では参院審議をにらみ8月までの会期延長案が浮上している。法案成立後、延長国会会期末に解散するとの臆測が広がれば、民主党で早期解散を警戒する小沢一郎元代表ら増税反対派は反発を強めそうだ。』
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。