スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

増税一直線の民主党内で反撃ののろし? やはり民主党も分かりやすく主義主張で分裂したほうがいいのでは!

民主党、増税一直線の野田総理。
反増税の小沢元党首のグループ。
党を分裂させないことだけが目的の鵺のような輿石幹事長。

この方々の頭には庶民のことが無いのは明らかですね。
ただ、野党自民党も執行部は増税派が握っていて、まともな議論もしないで増税賛成のようですね。
中川元幹事長が全議員の会議を求めているようです。
執行部どうするんでしょうか。
まともな議論もやっていないので、全議員の会議の議題に増税をあげることが果たして出来るんですかね。
民主党のクーデターよりまだ自民党が良いのかもしれませんが。

『小沢、野田外遊中に“クーデター”情報!国民不在で緊迫する民主』
『野田佳彦首相が推進する消費税増税を柱とした「社会保障と税の一体改革」に対し、民主党の小沢一郎元代表らが猛攻撃を仕掛けている。野田首相は15日までに自民、公明両党との修正協議を済ませ、21日の国会会期末までに衆院で採決したい考えだが、小沢氏らは「増税反対」を訴え、中間派の一部まで取り込む勢いだ。永田町では野田降ろし」クーデターの情報も流れている。
 「ダラダラと時間をかければいいものではない。一定程度のメドを持って議論をしていくことが大事で、正念場の国会の情勢になる」
 野田首相は10日、都内で開かれた講演で、会期末までに、増税法案などの衆院採決を目指す決意をこう語った。
 そのうえで、メキシコの高級リゾート地ロスカボスで18、19両日に開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議について、「世界経済を議論するセッションに日本の代表が行かないことはあってはならない」と続けた。
 野田首相はもともとG20に出席予定。あえて言及したことについて、出席者らは「どういう意味か…」と首をひねったが、官邸周辺は「少し前から『増税反対=野田降ろし』のクーデター情報が流れている。万が一の場合、G20出席をとりやめる可能性を示唆したものだ」と明かした。
 ギリシャ発の欧州危機も指摘されるなか、世界経済の安定に責任を持つべき日本の首相が内政混乱を理由にG20を欠席すれば、わが国の国際的信用は大きく傷つきかねない。にもかかわらず、欠席せざるを得ないかもしれない事態が迫っているのだ。
 政治評論家の浅川博忠氏は「野田首相が警戒するクーデターは、小沢氏らが画策しているようだ」といい、2つのケースを挙げた。
 「小沢氏と気脈を通じる輿石東幹事長が民自公3党の修正協議を長引かせて、15日までに合意できない可能性が1つ。合意できても、輿石氏は『修正したら党に持ち帰るのが最低必要』としており、党内了承手続きで小沢グループなどが反対して、大紛糾する可能性もある。野田首相が政治生命を懸ける、会期末までの衆院採決は厳しくなる」
 野田首相はG20に向けて17日に政府専用機で出発し、20日に帰国する予定だが、修正協議が混乱したり、党内了承手続きが紛糾すれば、首相不在の間に党内多数が「増税反対」で固まり、帰国次第、衆院採決できない責任を問われて「内閣総辞職」に追い込まれかねない情勢なのだ。
 現に小沢氏は、会長を務める「新しい政策研究会」で先週末、「法案を通すために国民との約束(=マニフェスト)を全部放棄してもいいという人がいる。それは民主主義の冒涜(ぼうとく)だ」と、野田首相を厳しく批判。増税反対を訴える、のぼり旗150枚を所属議員に配布した。旧民社グループの会合に、山田正彦元農水相ら側近議員を出席させて、「中間派の切り崩し」にも乗り出している。
 小沢氏に近い鳩山由紀夫元首相も9日、「私は消費税率を4年間引き上げないと明言して政権交代の選挙を戦った。その責任の中で判断する」と語り、法案採決での造反を示唆した。
 「米軍普天間飛行場の県外・国外移設」や「首相退任後の議員辞職」など、数々の公約違反をしてきた鳩山氏だけに「お前が言うな」という気もするが、ともかく“野田包囲網”形成の勢いはすさまじい。
 民主党グループ勢力図は別表(1面)の通り。「増税反対」で結束するとみられる小沢グループ(約100人)と鳩山グループ(約20人)に加え、旧民社グループ(約40人)や、中国人スパイ疑惑で閣外に去った鹿野道彦前農水相のグループ(約30人)も反対に回れば、党内了承手続きの紛糾は必至で、野田首相はG20から帰国後、崖っぷちに追いやられる。
 民主、自民、公明3党の修正協議は10日夜も行われたが、野田首相にとっては、野党以上に与党内の反対勢力が悩みの種といえそう。
 前出の浅川氏は「野田首相がG20欠席を検討しているという情報は、先週末に流れた。官邸周辺が『小沢グループの増税反対はやりすぎ』『日本の国益に反する』という党内外の世論を作ろうとした可能性もある。目が離せない政局が続く」と語っている。』


関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。