スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

国民の命を民間人に! TPP全くやる気ない、元農協職員を農林大臣へ!

民間人の防衛大臣で民主党内からも批判が出ていますが、国家感の無い政治家ばかりになってしまって、これからの私たちの生活どうなるんでしょうか。

TPP協議の問題も、農林大臣に元農協職員。
TPP反対で大運動を行っているのは、農協だし、それも農業を守るためというより、農協組織と職員を守るための反対というのは大分明らかにされていると思うんですけど。
その元農協職員を肝心要の農林大臣。

進展させようと言うのならあり得ない人選ですよね。

もっとも自民党もホームページで役員を見ると、農林の政策責任者の農林部会長に元全国農業協同組合中央会の役員、代理に鹿児島県農協の職員上がり。

民主党も自民党も、どちらもどちらですね。

自民党が酷いのは政調会長が口先だけ。
自民党内にも消費税増税反対と叫んでいる議員がいて、会議を開けと言っているのに完全無視のようです。

民主党には小沢問題。

『党内抗争か新党結成か!注目の小沢グループ動向』
『「ハッピバースディ ディア イチロー ハッピバースディ トゥ ユー」
 5月24日昼、衆院議員会館の会議室に女性議員の歌声が響いた。古希(70歳)を迎えた民主党の小沢一郎元代表は、満面の笑みでケーキのろうそくの火を吹き消した。約100人の議員から拍手がわき起こった。
 集まっていたのは民主党最大の「小沢グループ」を中心に、昨年暮れに結成された勉強会「新しい政策研究会」(新政研)の議員たちだ。
 「新政研には、衆参95人の民主党議員に加え、小沢氏の元秘書で新党大地・真民主の石川知裕衆院議員、新党きづなの議員など、計106人が結集している。超党派勉強会としているが、実体は、民主党主流派の野田佳彦首相や前原誠司政調会長らに対抗する集団だ」(民主党中堅)
 それだけではない。
 「当面は消費税増税法案の成立を阻止し、野田首相を引きずり下ろす。秋の民主党代表選で、自分たちに近い新代表を誕生させる。万が一、うまくいかなければ、離党→新党結成も辞さない」(新政研メンバー)
 小沢氏は先の誕生会でも「(近いうち)互いに力を併せて行動しなくてはならないことが起きるであろう」と意味深長に語っている。
 6月3日に行われた野田-小沢会談は事実上決裂し、野田首相は「小沢切り」を前提とした、自民党との連携に走り出した。こうなると、増税法案採決時の小沢グループの行動が注目される。政府提案の法案に与党議員が造反すれば、除名は不可避だ。
 官邸周辺は「新政研に名前を連ねていても様子見の議員は多い。100人のうち、約半分は選挙基盤の弱い1年生議員。現実の法案採決となれば、相当落ちこぼれるはず。そうなれば小沢グループは解体だ」と語る。
 これに対し、こんな意見も。
 「小沢グループが一致結束すれば、鳩山グループと民主党中間派から小沢グループに流れる議員も出てくる。野田首相ら現主流派が追い込まれる可能性もある」(自民党関係者)
 新政研は現在、メンバーの結束を確認するため、毎週木曜日の昼、高級焼肉店「叙々苑」の焼肉弁当などを食べながら、会合を重ねている。「増税反対」「TPP反対」のボルテージをあげる一方、小沢氏の陸山会裁判に絡み、「検察批判」や「検察審査会批判」も強めている。
 党内抗争で勝負するのか、新党を立ち上げるのか、それとも空回りか。まもなく結論は出る。』

『6月政局で炸裂する“小沢爆弾”!長妻氏起用は“ワナ”なのか』
『野田佳彦首相は内閣改造を終え、消費税増税を柱とする「社会保障と税の一体改革」関連法案の成立に向けて、自民党との修正協議を加速させる方針だが、輿石東幹事長との歩調はズレたままだ。修正協議の実務者には、「マニフェスト実現」を強く唱える長妻昭元厚労相が控えており、修正合意は簡単ではない。党内には「6月政局を見据え、小沢一郎元代表と輿石氏が爆弾を仕掛けていたのでは」という見方すらある。
 輿石氏は5日午後、自民、公明両党幹事長と会談、修正協議入りを正式に要請する。野田首相は、増税法案などを国会会期末(21日)までに衆院採決するよう命じたが、輿石氏は4日、周囲にこうウソぶいたという。
 「お見合いした日に結婚式の日取りを決められるかね。そりゃ難しいよ。お付き合いして結納して結婚式の日取りは決めるもんだ」
 自民党は、衆院一体改革特別委員会の中央公聴会、採決日程を明らかにするよう求めているが、これを事実上、無視したわけだ。
 修正協議の先行きも怪しい。民主党の実務者には、後期高齢者医療制度廃止の強硬論を唱える長妻氏がいるが、自民党は「すでに制度が定着している」として、制度廃止に反対する方針。
 長妻氏の起用について、「修正協議が自民党ペースで進むことを警戒した」(民主党中堅)といわれるが、一部では「小沢-輿石ラインの罠では」(官邸周辺)という見方もある。
 実は、小沢グループ内には、陸山会裁判で控訴された小沢氏の代わりに、「ミスター年金」として全国的知名度がある長妻氏を9月の代表選に担ごうという動きもある。
 小沢グループ幹部は修正協議について、「党内の一部には『自民党案を丸飲みする』という意見もあるが、丸飲みして増税だけ成立させるなら、何のための政権交代だったのか。消費税増税、原発再稼働、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)など、国民の心にまったく沿わない結論に持って行く政治が行われている」と警戒する。
 国会会期末(21日)まで3週間を切った。野田首相は与野党合意にたどり着き、衆院採決に持ち込めるのか。』

いずれにしても国民が救われませんね。


関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。