スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

庶民の当然が通用しない民主党! 問責閣僚!恥を国際社会へ!

参議院本会議で問責決議が可決されている田中防衛大臣。
確かにこの議員に防衛大臣が勤まるとは誰が考えても思えない。
しかし民主党政権は交代させず、国会の審議停滞を招き、国民生活へも影響が出てきかねなくなっています。
その他中防衛大臣が外遊しようとは。
この件は野党の主張に軍配上げざるを得ないのではないでしょうか。

『直紀防衛相、問責決議で初外遊に赤信号
 田中直紀防衛相は25日、6月1~3日にシンガポールで開かれるアジア安全保障会議に出席する考えを表明した。就任後初の外遊であり、日米韓や日米豪による防衛相会談など重要な外交課題がめじろ押しだが、問責決議を受けた田中氏の外遊に野党は猛反発し、参院で「外遊許可」を得られるかどうか微妙な情勢。外遊にストップがかかれば、問責閣僚の留任が外交・安保上の不利益に直結することが浮き彫りになり、田中氏の交代を拒み続けてきた野田佳彦首相はますます厳しい立場に追い込まれる。
 田中氏は25日の記者会見で、藤村修官房長官からすでに会議出席の了承を得たことを明かし「自公政権でも防衛相が参加している。継続が大事だ」と強調した。外遊先では、日米韓や日米豪による防衛相会談で北朝鮮の核問題を協議するほか、防衛装備品の共同開発に向け、英国との防衛協力覚書の署名なども予定している。
 ところが、自民党の脇雅史参院国対委員長は「そもそも参院で問責決議が可決された段階で閣僚と認められないのだから出張は当然認められない。会議に行かずに早く辞めるべきだ」と断言。公明党の井上義久幹事長も「参院が閣僚にふさわしくないと判断した人が国を代表して参加することは認めるべきではない」と批判した。みんなの党の渡辺喜美代表は「問責決議を受けた防衛相が日本の防衛や安全保障の立場を語るのはありえない」、新党改革の舛添要一代表も「国際舞台に出ても日本の国益を守るために行動するのは不可能だ」と外遊を認めない考えを示した。
 閣僚が海外出張するための衆参両院の手続きについて明文規定はないが、憲法63条は首相や閣僚は「答弁又は説明のため出席を求められたときは出席しなければならない」と定めており、官房副長官が議院運営委員会の理事会に報告し、了承を得た上で外遊するのが慣例となっている。
 このため野党が過半数を占める参院議院運営委理事会は外遊を了承しない可能性もある。了承を得ずに外遊を強行することもできなくもないが、参院は猛反発し、他の審議にも影響を及ぼす公算が大きい。』

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。