スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

企業団体献禁止の公約を守らないどころか、廃止を希望している民間業者にまだまだたかろうとする野田総理! 無料パスの問題!

企業団体献金禁止が民主党の大きな売りの一つ、マニフェストでもあったはずですが。
民鉄協が国会議員への無料パスを辞めたいと言っているのに、衆議院も参議院も事務局段階で文書での要請ではないから正式な申し出ではないと無視。
それでは正式に申し入れましょう、と検討されているとの報道がありました。

その無料パス、これはその対価が全く国会から支払われていないとのことです。
そうであれば、献金と同じというか、辞めたいと言っている民間の事業者に強要しているのですから献金よりもっと悪質ではないでしょうか。

それなのに、野田総理は無料パスを中止されると政治活動の手足が奪われると答弁したとの報道がありました。

そもそも民主党は企業団体からの献金を禁止すると言っていたんですよね。
それなのに、今では大ぴらに献金を要求しているだけではなく、企業団体にパーティー券を押し付け、議員会館でカネもうけのパーティーを開いているというんです。
議員会館だから報道もされましたが、それ以外の報道されないパーティーの犠牲になっている企業・団体は・・・。

中にはその業界の政策について何もも勉強もしていないのに、俺は与党の議員だと言って、小さな団体にさえも2万円のパーティー券を100枚も押し付けに来たという議員もいるというんです。

好意で民間企業が発行している無料パスの廃止を要望している民間の要望を無視する野田総理と、民主党。
議員宿舎も相場に比べて格安なのに、さらに家賃の値下げを平気で断行する、小平衆議院議運委員長(民主党議員)。

でも、消費税増税には熱心に突っ走る。
民主党とは・・・。


『消費増税:野田首相と小沢元代表の会談 妥協点見えず』
『週明けにも行われる見通しとなった野田佳彦首相と民主党の小沢一郎元代表の会談は、消費増税法案をめぐる大きな山場となる。元代表は消費増税法案への反対姿勢を崩しておらず、妥協点はみえない。仲介役の輿石東幹事長は法案採決の先延ばしで時間を稼ぐ考えで、会談では国会会期の延長を巡る3者の駆け引きも焦点となる。
元代表は22日午前、国会内で輿石氏と約30分間2人だけで会談。輿石氏を加えた首相との3者会談を受け入れる考えを示し、無言で国会を離れた。昨年9月の首相就任後、元代表との会談は初めてとなる。
首相は3者会談で、消費増税法案の成立に協力を求める考えだ。一方、元代表周辺は「首相の姿勢が変わらなければ平行線のままだ」と明言。歩み寄る可能性は小さい。
それでも元代表が会談に応じるのは、グループに選挙基盤の弱い当選1回の衆院議員を多数抱え、法案採決から衆院解散・総選挙につながる事態を避けたいためだ。分裂回避を最優先する輿石氏も早期採決には否定的。このため、元代表は当面の調整を輿石氏に委ねた。』
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。