スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

責任者の言葉を平気で否定する組織を信用できますか? その組織とは民主党政権です!

最高責任者が5月末と言っているのに、責任者から任命された一部門の責任者がそれを否定する。どこの話かって、私たちの国の話、それも庶民の生活を左右する政府、民主党政権の話です。

普天間基地問題で鳩山由紀夫総理大臣は5月末決着をいい続けているのに、政権内で本来支えないといけない大臣がまたまた問題発言したようです。
「仙谷国家戦略相は7日収録のBS朝日の番組で、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、『5月末でなく、少々時間をかけても、何らかの成案、合意を作ることに粘り抜いてほしい』と述べ、『5月末決着』にこだわるべきではないとの考えを示した。」とのことですが、
この民主党政権いつまでこんな迷惑なことを続けるんでしょうか?
今でも国際社会の中で私たちの国は笑いものなのに、まだまだ世界中にこの醜態を晒し続けるんでしょうか?

民主党と連立を組んでいる後の二つの党も「国民新党の亀井金融相は7日の記者会見で、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)を移設先とする杭(くい)打ち桟橋方式に反対を表明。社民党党首の福島消費者相も東京都内で記者団に「国民新党と手を合わせ、『この計画は望まれていないから実現出来ない』と強く言っていきたい」と沖縄県内移設に反対する考えを強調した。」そうです。

この連立政権って、何をしたくて連立しているんでしょうか。民主党の議員と同じで、タダ単に自分たちが議員として国民の税金から高い歳費を懐に入れて、特権をいっぱいもっていい思いをしたいだけのために、そして、いい生活を送るために議員で居続けなければならない、そのためには選挙で勝てるように将来のことなんか放っておいて、自分たちの占拠目的だけのために、税金も使うし、外交も歪めるし、約束も違えて良い、ということなんでしょうね~。

怖いですね~。
もっと怖いのは、鳩山由紀夫総理の言葉の軽さ、誠意の無さを、テレビ朝日の元政治部記者のコメンテーターが「宇宙人だから」と言う一言で済ませて笑っていることですね。本当に宇宙人ならどうして議員をやっているの、どうして選挙に出れているの、テレビ朝日は自分の社員の発言に責任を持ってもらわないといけないと思いますが、日本は何時から宇宙人に支配されているのか、鳩山由紀夫総理が宇宙人ということを証明して欲しいですね。
タダ単に庶民感覚と違うと言うことをいいたいのなら、宇宙人はないでしょう。鳩山は言葉が軽くて、本当に信用できないですね、と正直に言うべきだと思いますが、皆さんはいかが思われますか。
しかし、テレビ朝日は民主党政権に昔からしたかったんだから、念願が適い今がわが世の春でしょう。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。