スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

無罪! 想定通り無罪でしたね! 検察のでたらめさが浮き彫りになった事件でした!

想定通りでした。
無罪!
『<速報>小沢一郎・元民主党代表に無罪判決
資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり政治資金収支報告書に虚偽記載したとして政治資金規正法違反の罪で強制起訴された民主党元代表の小沢一郎被告に、東京地裁は無罪を言い渡した。』

検察がまともな捜査機関であったなら違った結果が出たんでしょうか。
この無罪判決で国会はどうなるんでしょうか。
少しは国民をみた政治が出てくるんでしょうか。

それとも、またまた北朝鮮同様に強権政権に代わって国民は別な意味で苦しむんでしょうか。
いずれにしても、野田総理、岡田副総理、前原民主党政調会長、・・・、反小沢の方々は苦しい立場になるんでしょうかね。

国民のためには、与野党問わず、政治信条、政治理念、政治哲学が同じ人たちが集まって、違う方々とは別れてそれぞれ分かる集団となっていただかないと次の総選挙で判断がつかないんですけど。

まずは政界再編をお願いしたいですね。

『小沢元代表、10時に判決…政局に影響も
小沢一郎民主党元代表(69)に対する陸山会事件の判決は26日午前10時、東京地裁(大善文男裁判長)で言い渡される。
 検察官役の指定弁護士が禁錮3年を求刑したのに対し、小沢元代表側は無罪を主張している。政界の実力者に対する判決は、今後の政局に大きな影響を及ぼすことになる。
 元代表は判決を前に、メディア出演などを通じて野田政権の消費増税路線への批判を繰り返し、無罪の場合の政治復権に強い意欲を示している。このため判決結果は、野田首相が「政治生命をかける」と明言した消費税率引き上げ関連法案の行方を左右するとの見方が強い。
 元代表は、資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡って東京地検特捜部の捜査を受け、嫌疑不十分で不起訴となったが、検察審査会の議決に基づき、昨年1月に政治資金規正法違反(虚偽記入)で強制起訴された。同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(38)ら元秘書3人(1審有罪、控訴)と共謀、土地取引で自ら提供した現金4億円を記載しないなど、2004~05年分の政治資金収支報告書に虚偽の記入をしたとされる。』

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。