スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

一致結束が力の源泉だった小沢元民主党党首! これからどうするんでしょうか!

自民党の田中派の時代から一致結束、数の力で権力を掌握してきた小沢元民主党党首。
これまでも側近と言われる議員を追いやってきたけど、今度は自分が追いやられる番なんでしょうか。
数の力を発揮できないようになってしまったらもう終わりなんでしょうね。

『“小沢帝国”崩壊の足音…側近また離反で問われる人間力』
『民主党の小沢一郎元代表の側近がまた離反した。国会で、消費増税法案への対応を聞かれた小沢グループの奥村展三文科副大臣と中塚一宏内閣府副大臣が、ともに「増税賛成」を明確にしたのだ。これまで、数多くの盟友・側近が離反してきた小沢氏だが、野田佳彦首相を「増税反対」で追い込む戦略にも変化があるのか。
「内閣の一員なので従う」(奥村氏)
「当然そうだ」(中塚氏)
政務三役の2人。4日の参院予算委員会で増税法案への対応について、こう明言した。事実上、小沢氏への“決別宣言”ともいえそう。小沢氏側近は「これが親方(=小沢氏)との運命の別れ道だ」と言い放った。
奥村氏は、小沢氏が民主党代表時代に役員室長を務め、一新会(小沢グループ)の会長代行を務める。中塚氏は、自由党時代から小沢氏に政策ブレーンとして仕えた。小沢氏はかつて京大大学院で講義したが、卒業生である中塚氏がおぜん立てしてきた。
小沢氏にとって、盟友・側近の離反は珍しいことではない。新進党時代には、船田元元経企庁長官や熊谷弘元通産相ら、自由党時代には二階俊博元経産相や小池百合子元防衛相ら、民主党になっても藤井裕久元財務相らがたもとを分かっている。』

 その原因はさまざまだが、小沢氏の「政界の父」である田中角栄元首相が、敵も味方も関係なく、抱きかかえるような人間力・包容力を持っていたのとは大きく違う。

 小沢氏の「増税反対」路線を後押しする超党派議員らによる「消費税を考える国民会議」は4日、国会内で1回目の勉強会を開催した。だが、民主党の参加議員は山田正彦元農水相らわずか約30人。増税反対の動きは広がっていない。

 野田首相の増税路線も明確な道筋を示せていないが、小沢氏の足元もほころびをみせている。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。