スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

国民新党という少数政党の分裂同様に民主党も分裂ですかね、野党からこんなに批判されるんですから!

国民新党は誰が見ても原則派の二人対政権しがみつきの六人に分裂ですよね。
民主党でもまだ余震が続いているようで、一人離党の意思表明を行ったようですね。
小沢元代表も求心力がそがれたとはいえまだまだ元気に振舞っているようですし、これから第二幕の幕が開くんでしょうか。

野党の自民党は民主党へ消費税増税反対派を党から出すように求めていますが、自民党はまとまって行動することが出来るんでしょうか。

ここは一つ、民主党も自民党も消費税増税賛成と反対、TPP参加賛成と反対で旗幟を各議員にはっきりさせた上で、政界再編をすべきではないでしょうか。

次の選挙では政策をよく見極めないといけないのに、このままではどこにも投票できなくなってしまいます。
そしてマニフェストも詐欺というか絵空事を書いているのが良く分かったんですから、マスコミも自称言論団体と自称しているNPOもマニフェスト選挙と煽り立てないで下さいよね。

前回の選挙で煽り立てた人たちの反省の弁も見たことも聞いたこともないですしね。

『石破氏「首相は退路断つ覚悟を」 小沢氏らとの決別要求』
『自民党の石破茂前政調会長は31日午前の読売テレビで、野田佳彦首相が消費税増税関連法案の成立に向け野党に協力を呼びかけていることについて「大反対といっている民主党の人たちをそのままにして、自民党と公明党に力を貸してというのは通らない。退路を断ち、これをやったら国民の信を問うという覚悟が求められる」と述べた。』
『首相が増税法案に反対を表明している小沢一郎元代表らのグループと決別し、衆院解散・総選挙を確約すれば、協議に応じられるとの考えを示したものだ。その場合の自民党の対応については「自民党の考えのように法案が修正されれば一日も早く通すべきだ」と指摘した。』

『9月の党総裁選については「今は谷垣禎一総裁を支えることが大事だ。自民党が国家のために何をやるかということを国民は見ている」と述べるにとどめた。』

自民党は石破氏のような方々だけなら良いんでしょうけど、今の政調会長は議員歳費2割削減と言っておきながらその後何もないんですよ。
衆議院比例も削減と言っておきながら、これも小選挙区の5増5減だけで比例削減はその後なし。

果たして、消費税増税法案を採決するときに纏まっていけるんでしょうか。
まとまらない場合は消費税増税反対議員を自民党は当然切るんでしょうね。
民主党には何人もの自民党の幹部と言われる議員が反対派をきれと主張しているんですから、自分の党の場合は躊躇無しですよね。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。