スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

決められない民主党政権! これからどこへ漂流するんでしょうか!

消費税増税法案を決定できない民主党政権。
どっちになるのか、増税するのか、あきらめるのか。
増税なしというのは野田民主党の選択肢にはないでしょうから、そうすると分裂ですかね。
野党自民党もどうなるか分からないようですし、分かりやすく政界再編を早くやって欲しいものです。

『“小沢新党”準備着々!その舞台裏と始動のタイミング』
『野田佳彦首相が「不退転の決意」を進める消費税増税をめぐる、民主党の合同会議が過熱・混乱している。政府・民主党は23日の閣議決定を見送り、法案付則の修正などに時間をかける方針だ。これに対し、2009年衆院選マニフェストに固執する小沢一郎元代表のグループは「増税断固反対」と徹底抗戦を仕掛け、「離党・新党立ち上げ」に向けた動きも見せている。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が舞台裏を明かす。』

『「言葉は悪いが、合同会議はみんなが好きなことを言いっ放しだ。これで何が前に進むのか。『付則をどうする、削る』と条件闘争になり、法案提出は既成事実化している。法案提出の是非が問題だったのに」』

『小沢グループの議員はこう憤慨する。議員会館で連日行われている合同会議だが、いつの間にか議論がすり替わり、「法案提出ありき」という流れが見えてきた。官邸スタッフが、党執行部の狙いをこう明かす。』

『「選挙をやりたくない中間派をどう取り込むかがカギだった。彼らは、議論が激突して党が割れ、政局や解散総選挙になることを恐れていた。そこで、焦点を文言や付則の部分に誘導し、激しくやり合っているように演出している。最後は文言で決着させて、増税法案は出す流れだ」』

『こうなると、法案に断固反対している小沢グループは外されていることになる。同じ合同会議に出席していても、中間派と小沢グループでは、相当な温度差があるのだ。首相周辺はいう。』

『「つまり、『小沢グループはどうぞ民主党から出ていってください』ということだ。大体、野田首相は、自民党の谷垣禎一総裁と接触した時点で、『小沢切り』の腹を固めている」』

『こうした流れは、小沢氏も織り込み済みだ。水面下では対抗手段を着々と打っている。
「合同会議をやっているが、2年半前のマニフェストは、党全体で決めて国民に約束した。ところが、マニフェストが存在したことさえなかったような議論をしている。非常にゆゆしき傾向だ」』

『小沢氏は22日、自身が会長を務める「新しい政策研究会」(新政研)でこう述べ、合同会議の論点がズレていることを批判した。前日には「消費税を考える国民会議」を発足させ、会長に、古い知人である日本チェーンストア協会の清水信次会長を就任させた。
 国民会議は、小沢氏が側近の山田正彦前農水相と話し、「消費税反対の国民運動を広げよう」と設立した。参加議員は超党派84人だが、首相周辺は「財界や民間の反応は冷ややかだ。賛同する中小事業者は少ない」との冷めた見方をする。』

『しかし、小沢氏には真の狙いがあるという。
「解散・衆院選をにらんだ動きだ。次の選挙は間違いなく消費税が争点になる。野田首相や党執行部が増税で突っ走る限り、小沢グループは民主党では戦えない。当然、新党での戦いになる。そのとき、選挙の支援母体になるのが国民会議だ。いま賛同者が少なくても、いざ消費税選挙になれば、多くの中小経営者などが参画してくる」』

『小沢グループでは、増税法案が閣議決定されたら、グループの政務三役が集団辞任する戦略や、若手中心に先陣を切って離党し、先遣新党を結成して、小沢氏ら本隊が出てくるのを待つという話も出ている。
小沢氏は、政界再編への覚悟を捨てていない。』


関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。