スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

やはり野党自民党も分裂含みですか!

消費増税で民主党をけん制している野党自民党ですが、先の参議院議員選挙では増税を公約しているんですよね。
だけど、この増税方針が自民党議員全体の方針ではないようですね。
民主党を攻撃すればするほど、わが身に返ってくるのと違いますかね。

それとTPP。
TPPでも民主党同様、賛成派と反対派と抱えているんですよね。
もっとも反対派は農協さんの顔色を見ているだけのようですが。

今朝の朝日新聞には「補助金で企業誘致 苦境」「200億円交付後 21社撤退・縮小」という1面トップと2面に載っています。
農協さんの言うままになっていたら、もっともと地方は酷い状況になってしまうのではないですかね。
かといって、農業だけで日本経済を支え切れるはずもありませんし。
このままいったら、日本は衰退し、・・・。

産業が日本からなくなって農協だけで存続できると考えているんでしょうか、日本の政治家は。
農家の子弟は農業だけしかやらないんでしょうか。
産業が無くなるんだから仕方ないですよね。
今でさえ就職先が無いんですから、TPP反対の農協関係者は子弟、家族親戚の就職を産業・経済界に求めるべきではないと思います。

しかし自民党もどうしちゃったんでしょうかね。

『郵政の怨念再び 自民、亀裂深刻… 「最後の一人になっても反対」』
『公明党が主導する郵政民営化法改正をめぐり自民党に不穏な空気が広がっている。党総務会は16日、郵政事業の見直しに関する基本方針を了承したが、焦点のゆうちょ銀行、かんぽ生命の金融2社の株売却に関し、見直し反対派と見直し容認派の亀裂は深まるばかりで他の経済政策も相まって党内を二分しかねない。小泉純一郎元首相による郵政解散で生じた「怨念」の封印がいま解かれようとしている。(佐々木美恵)
 「最後の一人になっても反対する。『あの時』も内閣支持率が急落したじゃないか…」
 見直し反対派の中川秀直元幹事長はこう言って民営化法改正案の採決での造反をにおわせる。「あの時」とは平成18年12月に安倍晋三首相(当時)が民営化法案に反対した離党組を復党させたことを指す。内閣支持率は急落し、その後も回復しなかった。中川氏は「民営化の旗を降ろせば自民党は消滅する」と危機感を隠さない。
 菅義偉元総務相も「郵政選挙で約束した金融2社の株完全売却を崩したら『嘘つき』といわれる」と断言する。見直しを容認すれば民主党の「マニフェスト違反」を批判できなくなってしまうというわけだ。
 だが、見直し容認派も「全国一律サービスの維持は大事だ」(谷川弥一衆院議員)などと強硬だ。公明党の改正案が、かつて自民党がまとめようとした郵政民営化案に近いだけに共感を覚える議員は少なくない。次期衆院選を見据え、公明党と良好な関係を崩したくないとの思いもある。
 16日の総務会では、株売却期間を一定期間延期するなど反対、容認両派に配慮した玉虫色決着となったが、公明党との実務者協議が本格化すれば、両派が再び激突する公算が大きい。
 公明党は実務者協議が不調に終われば単独で改正案を提出する構えだ。この裏には「衆院選で全国郵便局長会の比例票を取り込みたい」との思惑もちらつく。自公関係は衆院選挙制度改革でもきしんでおり、今後の選挙協力にも暗い影を落とす。
 改正案には民主、国民新の両党も賛成の見通しだけに、採決では自民党は厳しい立場に追い込まれるに違いない。
 それだけではない。郵政民営化をめぐる論議は、自民党に内在する消費税増税を容認する財政再建派と、経済成長・デフレ脱却を重視する「上げ潮派」の路線対立も再燃させかねない。この対立は消費税増税関連法案への対応にも直結するだけに、放置すれば党執行部はますます求心力を失い、党分裂を誘発する事態も否定できない。』

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。