スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

違法状態へカウントダウンの国会! 元へ戻したらどう何dしょうか!

違法状態に突入しそうな国会ですが、今の小選挙区になってからおかしな国会議員ばかりになっているんですから、元に戻したらいいと思っているんですけど、この動き頑張って欲しいですよね。

そして小選挙区になってほとんどの議員が農協を見ないといけなくなってしまったのも原因でしょうか。
国家が衰退していくのを見守るしかないんでしょうか。
このTPPの動き。

『次期衆院選「中選挙区で」…超党派92人で総会』
『衆院での中選挙区制復活を目指す超党派の「衆院選挙制度の抜本改革をめざす議員連盟」(代表世話人=加藤紘一自民党元幹事長、渡部恒三民主党最高顧問)は23日、国会内で総会を開いた。』
『衆院議員92人が出席し、先の幹事会で次期衆院選からの中選挙区制導入を目指す方針で一致したことなどが報告された。』

『TPP協議長期化も、農業で日本内の足並み乱れ』
『政府は23日、環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加に向けたニュージーランドとの事前協議を行い、交渉9か国との協議が一巡した。』

『日本はベトナムなど6か国の支持は取り付けたが、米国、豪州とニュージーランドとの協議はいずれも大きな進展はなかった模様だ。農業分野で国内の意思統一ができないことが障害となり、協議が長期化しかねない状況だ。』

『 ◆疑問視』

『ワシントンの米通商代表部(USTR)で21~22日に行われた実務者協議では、経済産業、農水、外務など省庁混成チームで臨んだ日本側の足並みの乱れが露呈した。関税撤廃の例外品目を巡る意見交換で、農水省の代表が「都道府県議会の多くがTPP交渉参加への反対決議がある」「関税全廃とは一度も言っていない」などと国内政治の困難さを並べたてた。』

『7日の局長級協議では、日本側は「すべての品目を自由化の交渉対象とする」との方針を説明したばかりだけに、米政府だけでなく、他の日本側出席者も突然の大演説にあっけに取られた様子だったという。』

『米国は、「TPPの目標は、関税を100%撤廃すること」との原則を強調し、「センシティブ(重要な)品目は、関税撤廃の移行期間を長く取ることができる」と回答したが、次回の協議日程は決まらなかった。日本の姿勢に対し、不信が広がる可能性がある。』

『◆方針定まらず』

『21日の豪州との交渉でも、「(貿易自由化に向けた)日本の姿勢に疑念を持たれた」(玄葉外相)ため、TPP交渉参加への賛同が保留された。ニュージーランドも同様の姿勢だったという。
 民主党内では、意見統一の道筋が見えない。
 23日に開かれた民主党の経済連携プロジェクトチームの会合や、交渉参加に反対する「TPPを慎重に考える会」の会合では、「すべての品目を自由化交渉の対象とする」との政府方針に改めて反対論が噴出した。
 古川国家戦略相が、19日に名古屋で開かれたシンポジウムで「TPP交渉に参加するか否か決まってない」と述べるなど、閣内からもトーンダウンする発言が出ている。』

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。