スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

国会も政党もいような状態に突入したようですね!

最適最強布陣の民主党政権。
民主党で言う最強とはこんなものなんですね。

『「前代未聞」無断退席・答弁迷走…田中防衛相』
『31日の参院予算委員会集中審議は、初入閣の田中防衛相に質問が集中し、田中氏は言い間違いや事実誤認の答弁を連発した。
 田中氏は陳謝を繰り返す一方、委員会室から一時行方不明になるなどし、審議はたびたび中断した。
 この日の集中審議は、外交・防衛問題が主要テーマの一つだった。田中氏は、陸上自衛隊の南スーダンでの国連平和維持活動(PKO)に関連し、陸自を警護するのはどこの国の部隊かを問われ、「決まっていない」と答弁。直後に渡辺周防衛副大臣が「バングラデシュだ」と答弁すると、「理解してなかったことは大変申し訳ない」と陳謝した。この他にも、在日米軍の抑止力に関する答弁などを野党が問題視して審議が中断した。
 また、田中氏は審議中、与党理事にも無断で途中退席。田中氏がいないことに気づいた野党理事らが委員長席に詰め寄り、審議が中断した。約15分後に戻った田中氏は「風邪気味で鼻水が止まらず、薬を持ってこさせた。大変申し訳ございません」と平謝りした。
 田中氏の防衛相としての資質をただされた野田首相は答弁で、「就任直後で、いささか緊張している向きもあるかもしれないが、しっかり職責を果たしてほしい」と述べた。
 自民党の脇雅史参院国会対策委員長は31日の記者会見で、「田中氏は的確に答えていない。閣僚が突然行方不明になるのも前代未聞だ」などと批判した。』

二大政党制を目指した小選挙区制度変革。
その理念をおかしくする比例代表並立制。
そのおかしくしている制度よりももっと民意をゆがめる比例代表の連用制。
民意ではなく小政党の生き残りのための制度に、「民主党」「自民党」自分たちが政権という甘い汁を吸うために導入を求めている小政党に良い顔をするというのはどうなんでしょうか。

田野瀬良太郎幹事長代理がテレビ番組で表明したという記事があった直後に、今度は石原伸晃幹事長が反対を表明。

連用制を求めている公明党などの小政党でなくとも、不信感を持ちますよね。
その石原伸晃幹事長、父親の新党の話に不快感も表したそうですけど、しっかりと党内を押さえておくべき話でしょう。
幹事長という立場なんだから。
それを自分を省みることなく、批判だけ。
どうしようもないですね。
『「自民党内どうなっているのか」公明に不信感』
『衆院選挙制度改革で、自民党内に小選挙区比例代表連用制の導入の是非をめぐって足並みの乱れが生じている。
連用制の導入を求める公明党は不信感を強めている。』
『自民党の石原幹事長は31日の記者会見で、「連用制には反対だ」と述べ、現行の小選挙区比例代表並立制の維持を前提に、与野党協議に臨む考えを強調した。連用制は現行制度に比べて中小政党に有利とされている。塩谷総務会長も同日、「安定して過半数を取る政党が少なくなり、不安定な状況が予想される」と慎重姿勢を示した。』
『一方、党内には、民主党と公明党の接近を警戒し、“落としどころ”を探る動きも出ている。田野瀬良太郎幹事長代行は1月29日のNHK番組で、並立制と連用制を組み合わせる案を提案した。自民党は昨年5月、比例定数(180)を30減の150とした上で、30議席を得票率2割未満の政党に割り振るとした試案をまとめており、比例定数の一部に連用制を適用することを想定していると見られる。』
『ただ、こうした案は自民党内で正式に議論されておらず、31日の公明党政治改革本部では、「いろいろ声が出ているが、自民党内は一体どうなっているのか」と批判する声が上がった。』




関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。