スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

帰ってくるのは5%! サケの話ですけど!!

お魚のサケは好きですか。私は大好きでこのサケがおかずに出てくると、ついお替りが増えるんですけど。そのサケについて読売新聞に記事でがでていました「北海道標茶町で、サケの稚魚の放流が本格化している。同町虹別の独立行政法人水産総合研究センターさけますセンター虹別事業所で2月下旬に誕生した体長約5センチの稚魚は、同事業所に隣接する西別川につながる水路に放流されると、川に向かって元気よく泳ぎだしていた。」「放流された稚魚は昨年9~11月にかけて、別海町内で捕獲した親魚から採取し人工授精させた卵を、同事業所で 孵化 ( ふか ) させて育てた。5月下旬までに、計2500万匹を放流する予定だ。」
独立行政法人水産総合研究センター小倉康弘所長によると「4、5年後に戻ってくるのは、全体の約5%という。」

サケってすごいんですね。いろんな障害、危険をものともせず、大洋に泳ぎだして、4~5年かけてまた同じ川へ帰ってくるというんですから。どうすれば同じ川に戻ってこれるのか不思議ですね。こちらは陸地で地図を見ながらでも、迷って間違った所へ行ってしまい困ることが多々あるんですけど。ただ、酔っても自宅へは無事帰っているから・・。

鳩山由紀夫政権も迷走に迷走ですけど、このサケの放流といい、ウナギの完全養殖への道筋をつけたり、素晴しい研究をやっているこの「独立行政法人水産総合研究センター」も事業仕訳けにかけるらしいですけど、科学技術の研究・開発には関心がない政権のようですから、果たしてどうなる事やら。
本当に心配ですねー。



関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。