スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

小沢元民主党代表復活か! 国民感覚とずれていた検察! 失態で済まされるんでしょうか!

国民感覚とずれていた検察。
大きく報道された疑惑でも動かないことが多かった検察ですが、その検察の出鱈目さがまたまた現れましたね。

「“剛腕”小沢氏にビッグなXマスプレゼント!検察失態でアゲアゲ?」
「民主党の小沢一郎元代表(69)が『無罪』となる可能性が出てきた。15日の『陸山会』裁判で、元私設秘書の石川知裕衆院議員(38)の再聴取を行った東京地検特捜部の検事が、事実と異なる捜査報告書を作成していたことが発覚したのだ。調書の信用性や任意性にも疑問符がつきかねない事態。野田佳彦首相(54)の『大増税路線』をめぐり民主党内が混乱するなか、来年春の判決次第では、政治的な“剛腕復活”もありそうだ。」
「録音を聞いたら、そういうやり取りはなかった。記憶が混同していた」
「15日午後、東京地裁104号法廷。証人として出廷した田代政弘検事(44)がこう語ると、静かな法廷がざわめいた。前代未聞、捜査報告書の一部が虚偽だったと担当検事が認めたのだ。」
「石川議員は昨年5月の再聴取をひそかにICレコーダーで録音。その一部は、すでに法廷で再生されている。」
「田代検事の捜査報告書には、石川議員が供述調書の署名に応じた理由について、田代検事から『あなたは国会議員。ヤクザの手下が親分を守るようなウソをついてはいけないのでは』などと言われたことが契機だった、と述べたと記載されていたが、ICレコーダーには、そういう会話は記録されていなかった。」
「このため、この日の証人尋問で、小沢氏の弁護団が『実際にやり取りがあったのか?』と問うと、田代検事は冒頭のように語った。ただ、調書の内容については『もっと生々しい話をしていたが、石川議員が承諾した範囲で調書に記載した』と、取り調べは適切だったと強調した。」
「元東京地検特捜部副部長の若狭勝弁護士は『裁判官が、検事証言の全体像をどのように判断したかが重要だ。事実と異なる報告書を『でっち上げ』と見るのか、『双方の認識の違い』と見るのか…。小沢氏が有罪か無罪かを分けるポイントは、元秘書3人が有罪となった全体の状況証拠と、小沢氏の関与を認めた石川議員の供述調書。裁判官が今回、報告書をでっち上げと見た場合、石川氏の調書の信用性も損なわれる。小沢氏が無罪となる可能性も出てくる』と語る。」

「野田内閣は、支持率が急落し、年明けの通常国会は混乱必至。政権運営に行き詰まる可能性もある。小沢氏が来春に無罪を勝ち取った場合、永田町激動のキーマンとなりそうだ。」


関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。