スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

政策に一貫性がない民主党! 国民ではなく支持団体の踏み絵の奴隷化!

民主党政権への原動力ともなった日本医師会。
人の命を守るのが使命の聖職とも言われた時期も合ったが、いまや昔・・・。
今は自分の権益を守ることだけが使命のようですね。

「迷走民主の“副産物”…“踏み絵”に翻弄される国会議員」

「大阪ダブル選挙で圧勝した「大阪維新の会」代表の橋下徹氏(42)が、『(大阪都構想に協力しないなら)維新として国政に足をかける』などと、既成政党に「踏み絵」を迫っている。民主、自民両党は卑屈なまでのすり寄りを見せているが、圧力をかけているのは橋下氏だけではない。各種業界団体などが迫る踏み絵と背景について、政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が迫った。」

「最近、何でもかんでも“踏み絵”を迫ってくる。『署名するのか、しないのか』と。以前はこんなことはなかった」

「自民党の閣僚経験者はこう話す。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)問題では、『参加反対』を掲げる医師会の幹部が訪ねてきたという。」

「医師会幹部『先生、分かっていますよね。TPPに反対ですよね?』」

「元閣僚『私は自由貿易主義。基本的には賛成だが、いまは時期尚早だ』」

「幹部『では反対ですね。署名をお願いします』」

「元閣僚『今回は反対だから安心して。別に署名しなくてもいいでしょ』」

「幹部『イエスかノーしかないでしょう』」

「元閣僚『踏み絵みたいだね』」

「幹部『そうです。踏み絵だと思ってください。次の選挙にも影響します』」

最近、政策課題の節目で、こうした業界団体の高圧的な態度が目立つという。民主党は『しがらみのない政治』を訴えて政権交代したはずだが、逆に、業界団体の圧力が強まり、しがらみだらけの政治になっている。」

「背景は何か。ある医師会幹部が本音を語った。」

「民主党政権になって、政策に一貫性がなくなったからだ。最初は期待したが、鳩山、菅、野田政権と続くうちに、何がなんだか分からなくなった。TPPも消費税増税もそう。医療制度もどうなるか分からない。与野党問わず、踏み絵をさせることにした」

「このような踏み絵は、原発問題や経済対策でも盛んに行われている。」

「民主党1年生議員は「集会への出欠で踏み絵を踏まされ、出席すると挨拶の内容までチェックされ、最後は署名を求められる。私ですか? 署名しました。選挙を考えれば辛い選択です。他の同両議員も似たような経験をしている」という。」

「こうしたなか、官僚主導政治が復活している。」

「ある財務官僚は「地方の首長らは『民主党政権では、地方交付金の話は進まない』と思っている。来年度予算案の細かな事業について、財務省への予算陳情が復活している」と語る。」

民主党中堅議員も「党が陳情の窓口だが、霞が関へ直接行ってしまうようになった。中小企業団体との会合で『要望はないですか?』と聞いたら、『もう経産省に行きました。民主党に実現できるの? 信用できない』と言われた。次の選挙は惨敗だ」と嘆く。

「マニフェストを次々に捨て去っている野田民主党政権。財務省の脚本に従い、国会運営では自民党や公明党に抱きつき、増税法案などは提出前に野党とすり合わせようする密室運営だ。一連の茶番劇は、政治の信頼をさらに失わせている。」

「もう一度、理念・政策を掲げ直した衆院選にさらされなければ、政治土壌はさらに腐る。」

いづれにしても今の政治家は自分のことだけで、何もできないと言うことですよね。
やはり国会議員の定数を削減し、税金から支給される特権もなくして、歳費も引き下げ、それでも国民のための政治をやりたい、こういう社会を創るんだ、と言う哲学、気概のある政治家がでてこないといけないと思うんですけど。


関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。