スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

今の政党の議員は政策の根本が違うようですから、早く政界を再編して国民に信を問うべきですよね!

与党の民主党が自滅へと突っ走っているとしか思えないのに、それが現実にならないのは「何故かな~」とずーと思っていましたが、今日のニュースを見て分かりました。

要するに野党の自民党がだらしなさすぎるんですね。
やはりなるべくしてなった結果の政権交代だったんですかね。

悲劇は国民ばかり、ということですね。

「自民・谷垣氏『先頭に立って戦う』 野田政権を早期解散に追い込む意気込み表明」

「自民党の谷垣禎一総裁はは30日午前、党本部で開いた全議員・選挙区支部長懇談会で『(平成23年度)第3次補正予算(の成立)でフェーズは変わった。先頭に立って戦う決意だ』と述べ、野田佳彦政権を早期に衆院解散・総選挙に追い込む意気込みを改めて表明した。そのうえで、社会保障と税の一体改革や消費税増税論議について『国民の信頼がなければ成就しない。国家の大事を成し遂げるためには、正々堂々の大道を歩まねばならない』として、増税の是非をめぐり国民の信を問うべきとの考えを強調した。」

「懇談会には党所属衆参両議員と次期衆院選の小選挙区候補らが出席。出席者からは『徹底的に政権と対(たい)峙(じ)してほしい』(葉梨康弘氏=茨城3区)、『執行部は政権担当能力のない民主党に協力するといわないでほしい』(山本一太参院議員)など執行部への厳しい注文が続出。27日の大阪ダブル選挙で当選した橋下徹・新大阪市長ら『維新の会』が進める大阪都構想や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加などについても『執行部が明確な方向性を示すべきだ』などといった意見が相次いだ。」


民主党も自民党も「TPP」の明確な方向性を示したら分裂しかないんしょう。
消費税増税も同様ですよね。

国民生活の根本に関するところの政策の方向性が違っているのなら、さっさと政策が合致する人たちがあつまる本当の国民のための政党をそれぞれ再編して国民に訴えるべきだと思いますけど。

そうでないと、解散・総選挙を行っても何も決まらない、口先だけ、マニフェスト詐欺の再来ですよね。
ここは是非、政界再編で国民に方向性を示して欲しいものです。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。