スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

久しぶりに「舛添要一節」! まだ国会議員だったんですね! それにしても野田政権も山岡大臣も酷い!

野田政権!
人材が元々民主党にいないんでしょうが、kの人事の酷さが表になってきていますね!
そうです、山岡国家公安委員長・消費者相です。
舛添要一議員ではないですけど、大臣が本来は捜査対象なのではないでしょうかね。
野田政権と民主党はそれでは困るから先手を打って、取り締まる側の担当大臣に就任させたんでしょうかね。

「舛添氏が激怒!『泥棒が、泥棒を取り締まる警察の親分』」
「新党改革の舛添要一代表が、山岡賢次国家公安委員長兼消費者担当相に激怒している。山岡氏の関連会社が、舛添氏の論文を盗用して、山岡氏の元後援会長が理事長を務める病院に『独自リポート』として渡していたのだ。舛添氏は2度も質問状を送ったが、山岡氏側は『事実に基づかない歪曲した伝聞』『これ以上、お答えする義務も責任もない』と、誠意をまったく見せないという。」

「『泥棒が、泥棒を取り締まる警察の親分をしている。警視正以上を任命するのは国家公安委員長だが、任命される側も嫌だろう。論文を偽装する人が消費者行政をやって誰が信用するのか。最悪の不適所大臣だ』

舛添氏は吐き捨てるようにこう語った。」

「山岡氏の元後援会長で栃木県真岡市長だった福田武隼氏夫妻によると、2000年12月16日夜、山岡氏と秘書が自宅を訪ねてきて、『秘書1人が、あなたの市長選にかかりきりだ』と金銭を要求。『経営コンサルタント料』として、月15万円、36回、540万円を、山岡氏の関連会社『ニューワールド』に支払うことで合意した。」

「同社から、福田氏の病院に経営リポート5本が送られてきたが、これが問題だった。『リポート5本のうち4本が盗用で、うち1本が舛添氏の論文だった』(自民党の森まさこ参院議員、先月28日の参院法務委員会)」

「舛添氏は09年1月、この件を報道で知った。確認すると、山岡氏側のリポートは02年9月発行とあったが、舛添氏が同年11月に発表した論文とタイトルから本文まで、まったく同じ。しかも、9月発行にもかかわらず、未来である10月13日の出来事から記述が始まるという『日付を偽装するにしてもお粗末』(舛添氏)なものだった。」

「舛添氏側は即刻、ニューワールドに著作権と著作者人格権を侵害するとして説明と謝罪を求めるとともに、山岡氏に同社との関係や、今後の対応について質問した。」

「しかし、ニューワールドからは期日までに回答はなく、山岡氏は弁護士を通じて『事実に基づかない歪曲した伝聞』と回答。舛添氏に対し、『(山岡氏の)名誉、信用を毀損する行為に及ぶ場合には、断固成規の手続きに及ぶ』とあった。」

「舛添氏側は再度、ニューワールドと山岡氏側の関係をただしたが、『舛添議員の著作物を無断で使用した事実はない』『これ以上お答えする義務も責任もない』と返ってきた。」

「《ニューワールドは、旧社名・山岡インターナショナル。閉鎖謄本によると、かつて山岡氏の母と元秘書が取締役、弟が監査役を務めていた》」

「理不尽極まる対応に、舛添氏は『質問にまったく答えていない。法的には時効だが、道義的に極めて悪質。山岡氏に大臣の資格はない。参院で問責決議案が出たら、間違いなく賛成する』と話している。」

「山岡氏は、夕刊フジの取材に対し、弁護士を通じて『ご指摘の論文について一切関知しておりません』と答えている。」
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。