スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

またまた無能な出鱈目振りを晒したんですか! それとも意識しての国会軽視ですか!

天皇陛下を無視した行いは民主党政権になって日常茶飯事なんですかね。
天皇陛下と外国の賓客の面会のルールを無視した件で、民主党政権は批判を浴びていたと思ったんですけど。
懲りていなかったんですね。
今回は天皇陛下と国会も無視ですからね。

「野田イタタ~ッ!天皇陛下の任命ない副大臣がいた~!」

「国会で1日、“ニセ副大臣”騒動が勃発した。民主党の松原仁国交兼拉致担当副大臣(55)について、自民党が「拉致担当副大臣としての認証は受けていないのではないか。拉致問題特別委員会で答弁に立つのはおかしい」と問題視して紛糾し、同日に行われるずだった国会同意人事の提示が見送られたのだ。」

「松原氏は9月6日、すでに国交副大臣だったところに、拉致担当を追加される形で就任。拉致問題に不安を残す山岡賢次拉致問題担当相(68)が、超党派の拉致議連事務局長を務める松原氏にSOSを出す形で、野田佳彦首相に要請して実現した人事だ。」

「『しかし、先月28日の拉致問題特別委員会で松原氏は、『国交副大臣』のみの肩書で政府側答弁者として出席。自民党の山谷えり子参院議員(61)が「内閣府の発令はない。役所の(ホームページの)中には載っていない』と指摘すると、審議が何度か中断した。」

「内閣設置法では、拉致問題を所管する内閣府の副大臣は3人までだが、松原氏ではない3人で埋まっている。内閣府総務官室特別職担当も夕刊フジの取材に対し『松原氏に、天皇陛下から内閣府副大臣としての任命はない』と断言した。自民党は1日、国会対策委員会レベルで『拉致担当の副大臣でもないのに、拉致担当大臣を補佐して、拉致特別委員会で答弁に立つというのは一体どういうことなのか。法的根拠がない。本来ならば、天皇陛下の認証が必要なのではないか。閣議決定でそれが許されるということは、果たして良いことなのか』と説明を求め、政府は衆参両院の議院運営委員会の理事会で予定していた同意人事の提示を見送った。」

「別の自民党関係者は『副大臣としての給与はどちらの省庁から支払われるのか。秘書や副大臣室の扱いは。松原氏が拉致問題関連の公務で出張する場合の経費の扱いはどうなのかなど、疑問だらけだ』と話している。」

民主党は政権をとったから、なんでも民主党の思い通りに勝手なことをし放題にできると思っているんですね。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。