スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

どのくらい昔が歴史の範疇なんでしょうか! 織田信長は歴史上の人物! では民主党のまともな証言をしないこの裁判は!

織田信長!
小学生の時のチャンバラ遊びが好きだった時には私のヒーローだったんですけど。

その織田信長関連の香木が出展されるんですね。
もし香木が話せたら、どんな歴史の証言をするんでしょうか。
またまたロマン・・・。

「正倉院展、29日開幕 信長が切り取った香木など62件」

「第63回正倉院展が29日、奈良市登大路町の奈良国立博物館で始まる。織田信長らが切り取ったとされ、『蘭奢待(らんじゃたい)』の名でも知られる香木『黄熟香(おうじゅくこう)』など62件が出展。28日の内覧会では多くの人が見入っていた。最終日の11月14日まで無休。」

「香木を表に張り付けた小刀『沈香把鞘金銀荘刀子(じんこうのつかさやきんぎんそうのとうす)』や練った香の粉を塗り込んだ容器「沈香末塗経筒(じんこうまつぬりのきょうづつ)」など香りにまつわる品々のほか、宝石や唐草文の金具をあしらった名刀『金銀鈿荘唐大刀(きんぎんでんそうのからたち)』、聖武(しょうむ)天皇(701~56)が着用した『七条織成樹皮色袈裟(しちじょうしょくせいじゅひしょくのけさ)』もある。」

しかし残念ながら、奈良は遠いですね。

そしてこちらは、現代の証言。
しかし真実を言わなかったら、証言ではないですね。
もちろん、後の世に汚点を残すだけでしょうけども。
民主党のカネまみれの原点の一つでしょうか。
野田総理も法律で禁止されている外国人からの献金疑惑に対して口をつぐんだままですしね。
黙っていれば、法律を犯していてもそれで良い、と言うのが民主党の哲学なんでしょうね。

「“小沢裁判”元秘書が4億円資金でシドロモドロ~」
「民主党元代表、小沢一郎被告(69)の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、小沢被告の第3回公判が28日、東京地裁で開かれた。元私設秘書の石川知裕衆院議員(38)が証人出廷した。」

「長年の師弟関係にありながら、石川氏は小沢被告と目も合わさずに証言台に立った。」

「焦点の1つは、2004年分政治資金収支報告書に記載された『小澤一郎 4億円』が、小沢被告からの借入金なのか、銀行融資分なのか。」

「石川氏は『(報告書に)小沢先生の4億円を記載した』と証言したが、納得しない検察官役の指定弁護士が『どちらなのか?』とたたみかけると、首をかしげて『どちらかと言われると困る』と繰り返した。」

「さらに、指定弁護士は、小沢被告の関係政治団体から同年、陸山会への資金移動を記した一覧表を提示。そのうえで、『小沢一郎政経研究会から9500万円の移動がありましたか。報告書に記載しましたか?』と聞くと、石川氏は『あったと思います』『記載しなかったと思います』といい、記載漏れがある可能性を認めた。」

有罪になってもまだ議員にしがみつき、公設秘書の給与まで入れると、年間一億円以上も税金から貰っているんですから、せめて真実を言って欲しいですね。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。