スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

地方では勇壮なお祭りというのに! 民主党ではまだ秘書給与のピンハネのようなことを平気でやっているんですね!

地方には勇壮なお祭りがいろいろありますが、熊本のこの秋季大祭も郵送のようですね。
来年は行って直接見てみたいものです。

「下がり馬次々に疾走…熊本・河尻神宮」

「熊本市八幡の河尻神宮に伝わる秋季大祭の奉納行事『下がり馬』が17日、神宮前の馬場であり、氏子たちが馬にぶら下がって疾走する妙技を披露した。」

「江戸時代、氏子たちが巧みな馬さばきと度胸の良さを神様に見てもらうために始めたと伝えられる。氏子らは飾り付けられた馬の鞍(くら)などをつかんで馬にぶら下がり、約150メートルの馬場を次々に疾走。観客から盛んに拍手が送られていた。」

「19日午前11時と午後4時半からも同馬場で披露される。」

それに比べ、民主党のあさましいことと言ったら。

秘書給与についてはこれまでも事件になったことがイッパイありましたが、まだまだ民主党では行われているんですね。
そしてもしかしたらこれも氷山の一角なのかもしれませんね。

「“守銭奴”センセイの秘書給与ピンハネに怒!」
「 10月になって、議員歳費が元に戻った。これまで半年間、東日本大震災の復興財源として歳費から50万円が毎月差し引かれていたからだ。うちの議員もホッと一息。そばにいるアタシもホッと一息。というのも、こんな話を聞いたから…。」
「民主党の1年生議員のI先生がある日、公設秘書であるA君の給与明細を見てしまった。」
「なんで、こんなにもらっているの?」
「I先生は激怒した。すぐ、地元にいるA君に電話をして『一部を事務所に入れなさい!』と命じたらしい。要はピンハネ。もちろん違法(犯罪)です。」
「A君としては突然そんなこと言われても困る。生活があるうえ、選挙に出るために、コツコツと貯金していたのだ。」
「だが、ここで断ったら、I先生がどんなに怒るか…。最悪の場合、意地悪をされて、党の公認をもらえないということもあり得る。」

「そこで、I先生とA君は数日間、話し合った。結果、A君は夏のボーナスの2割をI先生に上納したらしい。」
「A君には悪いが、ウチの議員がI先生みたいな守銭奴じゃなくてつくづくよかった。もっとも、もしピンハネの話なんぞ出してこようものなら、このコラムで実名で書いちゃうけどね(笑)。」

なんと強欲なんでしょうね、民主党議員と言うのは。
国民は増税で苦しめ、自分たちは歳費満額。
その上、秘書給与までピンハネ!

ビックリを通り越してしまいますね。





関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。