スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

表参道の歩道橋撤去! 歩道が開かずの踏み切りと同じにならなければ良いんですけど!

おしゃれな街「表参道」!
明治神宮へ参拝に行くときぐらいしか私はほとんど縁がないんですが、その表参道に関して次のような記事が。

「表参道歩道橋を撤去へ」 

「高級ブランド店の集まる東京都渋谷区の表参道に架けられている『表参道歩道橋』を、警視庁と都が撤去する方針を決めた。欅(けやき)並木などの景観を良くする狙いのほか、高齢者への配慮から横断歩道に切り替える。表参道はもともと、明治神宮から初日の出を拝めるように造成された。太陽が照らす、明るい表参道の復活が期待される。」

「表参道歩道橋については、明治神宮への参拝者や買い物客らから、『景観を破壊している』『初日の出が十分拝めず、歩道橋のせいで気がそがれる』という声が上がっていた。」

「また、建設から四十年以上が経過して老朽化し、震災時に倒壊する恐れがあるという指摘も。歩道橋に上れずに、やむを得ず道路を横断した高齢者の死亡事故が頻発し、神宮前地区町会連合会(半田庄司会長)、原宿表参道欅会(松井誠一理事長)など町会や商店主らは、横断歩道の整備を求めていた。」

「管轄する警視庁原宿署は、『長年、地元からの要望があり交通部と調整した結果、歩道橋に上るのに支障のある高齢者に配慮するべく撤去許可の方針が決まった』という。今後、横断歩道や信号の設置を計画する。」

「歩道橋を所管する都建設局は『撤去には詳細設計や撤去費用の積算、業者選定に一年間必要。警視庁との現場での打ち合わせを経て、実際の作業は早くても再来年になる』との見通しを示している。

「表参道には、神宮前小学校の通学路にもなっている『神宮前歩道橋』と、青山通りよりの『神宮前第二歩道橋』もある。今後、安全状況を見極め撤去の可否が判断される。」

景観と歩道橋の上り下りが大変な高齢者への配慮と言うことですかね。
確かに元気なうちは歩道橋も良いですけど、具合が悪いときは確かに大変なときもありますし、景観が損なわれると言われれば確かにそうかも知れませんね。

撤去後の横断歩道を渡れる信号の間隔には配慮して欲しいですね。
駅の近くの踏切では通勤・通学時間帯に開かずの踏み切りになってしまい、困ってしまうことがありますから。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。