スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

ビックリだらけの特権! 増税の前にまずこの特権に手を入れたらどうですか!

この議員の特権には本当にビックリですね。
これで庶民には増税して、おカネをむしり取ろうと言うんですから。

「こんなにある議員特権!ホントに必要なのか?」

「無所属で民主党会派の平山誠参院議員(59)=比例=が昨年2月以降、宮崎市内の実在しない地名・番地を「地方住所」として参院に届け、往復航空券の支給を受けていた疑惑。夕刊フジは28日最終版で、いち早く報じたが、そもそも、こうした議員特権は必要なのか。」

「疑惑をおさらいすると、平山氏は、民主党の横峯良郎参院議員(51)とゴルフ仲間で、実在しない住所は横峯氏の自宅所在地と酷似。平山氏は26日に地方住所を宮崎市内の別の場所に変更したが、これは横峯氏が主宰する『さくらゴルフアカデミー』と同一の住所だった。」

「このため、『ゴルフのために議員特権を使っていたのでは?』といった疑惑が浮上。平山事務所は「宮崎県に後援者が多く拠点として届け出た。住所に誤記載があった。ゴルフアカデミーの中に事務所を借りている。不正使用はない」と疑惑を否定している。」

「さて、国会議員の主な金銭的特権(表)はこんなにある。議員活動を保障するために認められてきたものだが、被災地復興のため国民に9・2兆円とも11・2兆円ともいう増税を強いるなら、真っ先に整理・縮小すべきだろう。」

「国会議員の金銭面での主な特権」

 【歳費(ボーナス込)】
 年間約2229万円

 【文書通信交通滞在費】
 月100万円=年間1200万円(非課税)

 【公設秘書人件費】
 公設秘書3人まで税金で。計約2000万円

 【議員会館】
 電話代、光熱費も公費負担で利用できる

 【議員宿舎】
 赤坂宿舎など、一等地に3LDK豪華宿舎の家賃が月額約10万円

 【JR無料パスと航空券】
 (1)JR無料パス(グリーン車に乗り放題)のみ
 (2)JR無料パス+東京と地元選挙区間の月3回往復の航空券
 (3)月4回往復の航空券
  上記の3パターンから選択

これを無くせるものはなくし、削減できるものは削減すればどうなんでしょうか。
みんなの党が主張している公務員の人件費削減と合わせれば、増税も無くて済むのではないでしょうか。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。