スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

増税へ突っ走る民主党! しかしどうして地方税も増税という提案が出てくるんでしょうか!

日経新聞のNIKKEIプラス1には早くも「紅葉名所 ここへ行きたい」という特集でした。

北海道が「1位 大雪山」「2位 知床」「3位 大沼国定公園」

東北は「1位 奥入瀬渓流(青森県)」「2位 磐梯・吾妻(福島県)」「3位 八幡平アスピーテライン(岩手県~秋田県)」

関東は「1位 日光(栃木県)」「2位 秩父(埼玉県)」「3位 箱根(神奈川県)」
中部は「1位 香嵐渓(愛知県)」「2位 上高地(長野県)」「3位 立山黒部アルペンルート(富山県・長野県)」

近畿は「1位 東山(京都府)」「2位 湖東三山(滋賀県)」「3位 談山神社(奈良)」

中国・四国は「1位 大山(鳥取県)」「2位 寒霞渓(香川県)」「3位 宮島(広島県)」

九州は「1位 雲仙(長崎県)」「2位 耶麻渓(大分県)」「3位 高千穂峡(宮崎県)」

分かるところが少ないのがちょっと寂しいんですけど。
今年は何とかこの中の近場で良いですから一箇所くらいには行きたいものです。

しかし、今の増税、増税の大合唱の中では、暮らしが厳しくなるばかりですから、ちょっと無理かもしれませんね。
民主党にはマニフェストで実行出来ることはやって欲しいですよね。
公務員の人件費削減、国会議員の定数削減・・・、実行したら増税幅が少なくて済ませられることが幾つもあると思いますよ。
どうして増税だけなんですかね。

民主党政権!
増税へ一直線のようですね。
頑張った人から、それ以上に毟り取る。
次世代に残さないため、と言う理由のようですが。

その増税案でも不思議なことが一つ、どうして地方税の増税が出てくるんでしょうか。
国税からその増税した分だけ、地方へ行く交付税が減らして復興へまわすんでしょうか。
国から交付税を貰っていない地方自治体は増税分だけ税収が上がり裕福になるだけなんでしょうか。

これって便乗税金ブッタクリではないですか。

民主党マニフェストの公務員人件費の2割削減はどこへ行ったんでしょうかね。
国会議員の定数削減はどこへ行ったんでしょうか。
ただ単にとりやすいところからとる、これって何なんでしょうかね。

まず自ら何を為すかやって欲しいですね。
それにはマニフェストで約束した国会議員の定数削減でしょう。
それを実行すれば、公設秘書もそれに伴って削減されるんですから、いっそうの税金の無駄遣いが減りますよね。

それにこの国難とも言うべき「震災」復興財源と言う名目で、庶民からお金を召し上げようと言うのなら、公務員の人件費削減の約束も実行して欲しいですね。

庶民から毟り取ろうと言うのなら、もう一歩踏み込んで、議員は全てボランティアにして、歳費を全て返上したらどうなんでしょうか。
自分たちは「一人2000万円以上」も税金から個人として歳費を貰っておいて、増税とはね。

みんなの党の渡辺代表が国会議員歳費の3割減を言っていましたが、せめてそれぐらいは実行して欲しいですね。
若い国会議員の中には良い就職口くらいの感覚しかなく、自覚も何もない議員がいるとも言いますしね。
若くはないですけど鉢呂議員をみても民主党の国会議員のレベルが知れますよ。

こんな国会議員に歳費2000万円以上に、宿舎もべらぼうに安くして、議員会館の事務所も立派ですし、税金での公設秘書が3人。

これってやらずぶったくりの部類ではないですか。
これで増税とは。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。