スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

またまた自然の脅威を見せ付けられたような気がします! 民主党政権下でのこれからの日本の針路の暗示でしょうか!

東日本大震災の傷が癒えていないと言うのに今度は台風が西日本を襲い大変な被害を出しているようです。

今年は自然の脅威を思い知らされる年ですけど、これからの日本の行く末を暗示しているように感じるのは私だけでしょうか。

その私たちの国を引っ張っていかなければならない民主党政権ですが、野田政権になって大臣に就任させた議員が余りに酷いようですね。

「自民党の石破政調会長は3日、岡山県倉敷市で講演し、山岡国家公安委員長について、『マルチ商法で問題になった。その人が警察のトップを担う。これはどういうことか』と批判した。」

「山岡氏は民主党が野党時代の国会対策委員長当時、マルチ商法関連団体からの献金に関与していたとして、自民党などが追及していた。」


そして野田総理当人からして「野田首相が在日韓国人2人から31万円余りの個人献金を受けていたことがわかった。 政治資金規正法は、外国人から寄付を受けることを禁じているが、いずれの献金についても公訴時効(3年)が成立している。」

「政治資金収支報告書などによると、野田首相の資金管理団体『未来クラブ』は2001~03年に千葉県船橋市の不動産業の男性から計15万8000円を、1998~99年には松戸市の不動産業の男性から計16万円を受領していた。」
「いずれの男性も読売新聞の取材に在日韓国人であることを認めた。」

「船橋市の男性は当時から在日本大韓民国民団の支部役員を務めているといい、『野田さんは私が外国籍であることは知っていたはず』とする一方、献金は日本名で行ったことから『献金者が私だと気づかなかったのかもしれない』としている。」

「松戸市の男性は「清掃活動の仲間から『応援してくれ』と頼まれたが、献金したかどうかもよく覚えていなかった」としている。」

「野田事務所は3日、『外国人からの献金は本人も事務所も全く知らなかったが、問題がないか調査する』とコメント。結果は公表するとした。」

献金した本人が外国人だと認め、野田総理本人も知っていたと言っているのに、「問題がないか調査する」とはどういうコメントなんでしょうか。

問題があるに決まっているではないですか。
法律を犯して、問題があるか調査する、これではこれからは警察は要らないですね。

これが一国の法治国家の最高指導者だというんですから、これでは自然から警告が来てしかるべきですかね。
ただ、被害を被るのはこのおかしな民主党議員だけにして欲しいものですけど。


関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。