スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

今の選挙制度を理解しているのでしょうかね! 選挙制度改正も含めた短期大連立政権を目指したらどうでしょうか!

大連立の声もいろいろなところから流されているようですね。
しかし、今の衆議院議員の選挙は一つの選挙区から一人しか選べないんですよね。
大連立というのはあり得る選択肢とは思えないんですけど。

それでなくても、東京第一小選挙区で選ばれた、国会で号泣した海江田大臣と同じ選挙区から立候補し民意にノーを突きつけられ、比例代表の自民党枠のバッジをつけている議席泥棒の与謝野馨大臣。
次の選挙にこの2大臣は同時には民主党からは立候補できないですよね。
与謝野馨大臣は自民党枠の比例議員ですから、こちらが民主党公認になるわけないですし、かといって裏切った自民党から立候補するというわけにもいかないでしょうし、無所属か、民主党の比例候補になるかなんでしょうけど、有権者にはしっくりしないでしょうね。

大連立政権となると、民主党候補、自民党候補どちらを選択すれば良いのか、どちらも政権与党となると、おかしなことになりますよね。
政権の政策がこちらの党の政策が良いから、こちらの候補を選ぶというのができなくなってしまうのではないでしょうか。

ただ、民主党も自民党も国会議員の定数削減を約束していたんですから、ここはひとつ衆議院議員の定数を300議員として、比例代表を無くし、小選挙区を合併させて、複数の定数の選挙区を100ぐらいにしたら良いのではないですかね。

その前提で、来年度予算、復興のための第三次補正予算、そして選挙制度改正。
この三つを成し遂げるための短期大連立政権。
これなら我慢できますよね。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。