スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

政権たらい回しでなく、国民の信を問うべきでは!

民主党の党首選が見えてき始めましたが、この詐欺政党民主党、これまで自分たちが主張してきたことを少しは思い出して欲しいですね。
自民党に「政権たらい回し」「国民に信を問え」・・・。
いろんなことを言っていましたよね。 

今度は自分たちが平気で政権のたらい回しですか。
この民主党と言う政党、自分たちの批判が自分たちにしっかりと返ってくる、不思議な政党ですよね。

その民主党の党首選で有力とされている野田財務大臣、「野田氏は番組で、『衆参がねじれている状況では、連立でないと政治は前進しない』と強調。連立を打診するにあたり、民主党内の調和が大切だと指摘したうえで『適材適所で、いろんなものを乗り越えなければならない』と述べ、菅首相が対立した小沢一郎元代表や鳩山由紀夫前首相らと話し合う可能性にも言及した。」
「野田氏は政権公約(マニフェスト)の見直しについても『昔言ったことにしがみついていたら与野党協議などできるわけがない」と述べ、優先順位の見直しを積極的に行うべきだと指摘。また「社会保障を支える安定財源は避けて通れない。政府、与党の従来方針に向き合って実現していく』と述べ、増税路線を堅持する考えも示した。」

国民との約束も詐欺だったことが露見しているんですから、連立で政権を維持するのでなく、ここは解散総選挙で信を問うべきではないですか。
国会議員の定数削減、公務員の総人件費の2割削減も何もやらず、ただただ政権の座に執着。自分たちでみっともないと思わないんですかね。

ここは是非とも解散総選挙で、私たちにもう一度選択させて欲しいものです。
それも日本国が滅び去る前に。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。