スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

民主党政権のバラマキ体質は骨の髄までしみ込んでいるんですね!

民主党に政権交代してから増税の話が強くなっていますが、議員歳費も議員特権も議員の秘書の給与も、どれ一つとして削減したのはないですね。
形だけ数カ月議員歳費から50万円を国庫へ。

支持団体の官公労との関係で、公務員給与の総額割削減も政権交代から2年もたつのに、これも動かないですね。
そこに持ってきて、
「経産省『更迭のはずの3幹部』退職金上積み」
という報道。

「人事権者は私であります」
「海江田経産相が胸を張って断行した経産省の原発関連3トップ人事は、『更迭』ではなく通常の順送り人事でしかなかったが、扱いも勧奨退職で退職金が大幅に上積みされることが明らかになった。」

「退職する3人は経産省事務次官の松永和夫(59)、資源エネルギー庁長官の細野哲弘(58)、原子力安全・保安院長の寺坂信昭(58)。ANNの試算によると、上積みは松永が18%、細野、寺坂が23%で、額にして1000万円以上という。」

「1000万円プラスで6000~8000万円」上積金額も退職金も庶民には夢のまた夢の金額ですね。しかもその退職金も上積金も庶民の税金。

「経産省OBで慶応大教授の岸博幸は『これは何の責任もないと判断したのと同じこと。海江田大臣は国民に説明する義務があります』と批判するが、海江田は「退職金はまったく承知しておりません」

「では、上積みされて退職金は総額およそどのくらいなのか。試算では松永が8000万円、細野、寺坂が6000万円程度という。吉永みち子(作家)は「こういう事態になっていて、減額どころか増額というのはとてもじゃないが」と、言葉が見つからない様子。」

「平林亮子(公認会計士)『いま、退職金について一般企業は業績悪化のためになくしたり、減額する方向で動いているところが多い。普通に見て高いなというのが正直なところ』」

「まるで責任を取らない官僚、政治主導を掲げた政権が今や官僚のいいなり。これで国民は納得できるかどうか。」

民主党政権というのはこの一事を見てもバラマキが骨の髄までしみ込んでいるのがよく分りますね。

そして、庶民には増税というんですから。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。