スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

この国難ともいうべき事態なのに! 民主党議員は本当にスキャンダルだらけ!

本当に民主党議員はスキャンダルが大好きなんですね。
細野大臣をはじめ、女性問題が次々と出てくるんですものね。
筒井農林水産副大臣が本当に階段の段差にも躓いたり、車にもぶつかったりするくらい目が悪いというのなら、この国難ともいうべき難局で農林水産副大臣という重要な職務を遂行できるのでしょうか。

歩くときには女性が腕を組まなければいけないほどだというんですよ。
書類に目を通すことさえ困難なのではないでしょうかね。
そういう議員に職務を任せるほど、簡単な仕事しかしていないんでしょうか、農林水産省は。
また、民主党にはこの程度の議員しかいないということなんですかね。

関連の記事は、「民主党の筒井信隆農水副大臣(66)が、30歳下女性と不倫していたとの週刊誌の指摘に対し、不可解な弁解をしている。一般常識とズレているとも思えるような副大臣が、汚染牛などの問題に果たして対応できるのか。」
「デパートのレストラン街、地下鉄の電車内座席、さらには、東京都内のマンション前…。これが公務多忙な副大臣かと思うほど、女性(36)との腕組みツーショット写真が至る所で撮られている。」
「時々なら同せいとは言えない」
「言い訳できるのか 週刊新潮の2011年8月3日発売号によると、筒井信隆農水副大臣は、7月25日夕にJR東京駅改札前で女性と会う姿がキャッチされた。その後、タクシーで行った上野では、繁華街を堂々と腕を組んで歩き、甘味処に入るなどした。そして、地下鉄を使って都内のマンションに2人で帰り、筒井氏が出てきたのは、なんと翌朝だった。筒井氏には、妻と娘2人がいる。女性は、筒井氏と同じ新潟県上越市出身で、同じ弁護士を目指していたという。」
「筒井氏は26~30日も、デパート内で女性と腕組みして歩く姿などが目撃され、女性がいるマンションを朝出て夜に帰る生活を繰り返していた。週刊新潮の直撃取材に対し、筒井氏は『プライベートな問題』と当初はコメントしなかったが、31日夜になって、女性のほかに支持者男性も同席して取材に答えた。」
「それによると、筒井氏は、女性には健康管理などをやってもらっているとして、男女関係については明確に否定した。」
「そして、腕組みについては、目が悪く段差でつまずいて転ぶからと説明した。愛人関係なら公然と腕を組んで歩いたりしないとも主張した。地下鉄でもそうしていたことについては、女性が、状態チェックのためと口を挟んだ。マンションに泊まっていたことについては、筒井氏は、時々なら同せいとは言えないと答えたという。」
「しかし、付き添いなら、なぜ泊まらないといけないのかといったことなど、数々の疑問が残る。」

JRでの130円の入場料の支払わないで、国会議員の特権の議員パスを使った、というんですから。
庶民には分からない感覚ですね。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。