スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

説明責任! 民主党この言葉をどうとらえているのか! 国民の生命・財産のためにも頑張れ自民党!

これまで「民主党政権が説明した通り問題なければ」どうして中井前大臣に同行した職員を出さないのか。
どうしても国会の場で説明しないというのなら、野党は国会証人喚問を要求したらどうでしょうか。
民主党政権の対応は問題だと思います。
これまでも嘘ばっかりですしね、詐欺政党民主党ですから。

「内閣府職員の説明応ぜず=中井氏同行で-民主」
「自民党は28日午前、衆院議院運営委員会理事会で、民主党の中井洽元拉致問題担当相が中国で北朝鮮高官と接触した際、同行した内閣府の拉致問題対策本部職員を同理事会に呼び、説明するよう求めた。これに対し、民主党は『必要があれば、(職員の)上司を説明に行かせる』と述べ、自民党の求めには応じない考えを示した。」

国民にも知る権利があると思うんですけども。
マスコミもしっかりと取材して、記事にして欲しいですね。

野党時代には清新さを少しは感じた「民主党」。
今や薄汚れて、政治不信の思いを助長しているのが「民主党」。

その民主党の代表である「菅総理」。
あれほどおカネにかんして攻撃しまくっていたあの姿は何だったんでしょうか。
同様に、おカネというだけで、国会で攻めまくっていた民主党議員たち。
どうして、自分のこと、身内のことには沈黙するんでしょうか。

「首相が抱える献金問題は二つある。」

「首相の資金管理団体『草志会』(東京都武蔵野市)は、在日韓国人系金融機関の中央商銀信用組合(横浜市)の元理事から計104万円の献金を受領・返金したが、在日韓国人からの献金は外国人からの献金を禁じた政治資金規正法に触れる問題で、東日本大震災当日の3月11日に明るみに出た。」

「もう一つは、日本人拉致事件の容疑者親族が関係する政治団体『市民の党』と連携している政治団体『政権交代をめざす市民の会』(市民の会、神奈川県座間市)に、草志会側が6000万円超の不透明な政治献金をしていた問題だ。」

外国人からの献金問題は日本の政治家としては致命傷だと思うんですけどね。前原議員は潔く外務大臣を辞めましたが、議員にはしがみついているのが、ちょっとみっともないですけど。

菅総理は外国人からの献金問題に背を向けてやり過ごせると考えているんでしょうかね。
そして、日本人拉致容疑者の身内が関係する政治団体に一般庶民が考えも及ばない金額を献金しているという、菅総理、民主党議員たち。
答弁は適切に処理している。
これで納得できますかね。
政権政党所属議員たち、一人は最高指導者の総理なんですけど。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。