スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

今朝は寒いぐらいでした! 国民を見ない民主党政権が原因ではないでしょうけど

今朝は肌寒かったです。
身体が熱い気温に慣れかかっていたので余計に肌寒くなってしまったのかもしれませんけど。

この記事も肌寒くかんじる人たちがいるのではにでしょうか。
詐欺政党といっても良いくらいの「民主党」についての記事ですけど。

この政党はどこへ向かっているんでしょうかね。
外国人から献金を貰って大臣を辞任した方、隠蔽を重ね今もって最高指導者の「総理の座」に居座り続けている方。
北朝鮮による日本人拉致の犯罪者の身内へ政党助成金まで使って大金を献金している菅総理、鳩山前総理を始めとした民主党議員たち。

その民主党への記事です。
「『命のように大切なものを投げ出してしまった。そもそも衆院選は何だったのかという話になる。納得するわけにはいかない。発言の撤回を求めたい!』」

「鳩山氏は22日、衆院議員会館の事務所で怒りに震え、いつも以上に大きな目をギョロつかせた。」

「鳩山グループの正式名称は『政権公約を実現する会』だけに見直しは自己否定につながる。鳩山氏は衆院解散・総選挙についても『当然そういうこともあり得る』と言い切った。」

「鳩山グループは今月に入り、松野頼久元官房副長官を幹事長に起用するなど『親小沢』の面々で新体制を発足させ、小沢系グループ顔負けの攻撃性を帯びるようになった。」

「グループ幹部は22日午後、急遽(きゅうきょ)鳩山氏の事務所に集結し、それぞれが岡田氏への憤りをぶちまけた。」

「岡田さんは先の衆院選で鳩山代表のもとで幹事長だったのを忘れているんじゃないか!」

「松野氏らは国会内の幹事長室を訪れ、撤回を要請。岡田氏は『自分はまだマニフェストの旗を降ろしたわけではない』と苦しい言い訳を繰り返した。」

「一方、小沢系グループも同日昼、国会内に集まった。『そこまで踏み込んで謝罪するなら解散しなければならない』『党内議論は何もない。政権末期とはいえ放っておいてよいのか』『われわれの存在意義を全否定された』-。グループの中核『一新会』会長の鈴木克昌総務副大臣は『もう民主党じゃない…』とため息をついた。」

「鳩山氏らとは対照的に、閣僚たちの多くは岡田氏のマニフェスト見直し表明を高く評価した。」

「野田佳彦財務相は『与野党協議をしなければ政治が前進しない。適時適切な表現だ』と全面支持。玄葉光一郎国家戦略担当相(政調会長)は『マニフェスト作成時に財源の検討の甘さがあった。見直すべきところは見直すことが国民にとって正直な姿勢だ』と開き直った。」

「岡田氏がマニフェスト見直しを急ぐのは、特例公債法案など菅直人首相の『退陣3条件』を早期にクリアし、次期代表選の地ならしをしたいからだ。しかも早急に見直さなければ次期代表もまたマニフェストの呪縛を受けることになる。野田、玄葉両氏ら『ポスト菅』候補が称賛するのは当然だともいえる。」

「だが、ただ一人、いまや首相の数少ない相談役となった北沢俊美防衛相は異を唱えた。」

「『原理主義者が急に謝罪主義者になってみてもなかなか成果があがらない。彼が野党側と話をして成果があがったことはない!』」 

「首相退陣への環境整備を急ぐあまり、自公両党にひざまずけば、ますます足元をみられ、民主党そのものが瓦解(がかい)しかねない。いくつもの政党の離合集散を見てきた老獪(ろうかい)な北沢氏はそう考えたに違いない。」

どうぞこのまま詐欺政党「民主党」は崩壊してもらったほうが良いと思いますけど。
政党助成金もついこの前の記事だと、また数十億民主党へ行ってしまったんですね。
そのお金からまたまた、日本人拉致容疑者の身内へ献金するんでしょうかね。国民の税金なんですけど。
それにしても、いつまでこのていたらくな国政が続くんでしょうか。

私たちは諦めないといけないんでしょうか。
それで急に寒くなったんですかね。
異常な政治には、異常な気候、異常な自然状態、これで地球が応えているですかね。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。