スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

野田財務大臣で大丈夫か! タバコ増税はおやじ狩り?

「タバコ増税はおやじ狩り」と発言したと言う民主党の野田財務大臣。
タバコが身体に悪いことは周知の事実。
タバコを吸わない人も悪い影響を受けているし。
自由が丘駅の喫煙箇所が東三銀行の横、三井住友銀行の向かい側に移動して、狭い歩道のところで通勤時間帯にも吸っている人が多く、周囲に臭いが染み付いてしまったようで、吸っている方がいなくても臭いんです。
足早に通り過ぎるようにしているんですけど、嫌なものです。

その吸っている方々を見てもおやじというには程遠い方々なんですけど。
それに、健康に悪いと分かっていて吸い続け、周りの人にも悪い影響を与え続けている人たちなんですよね。

タバコを吸って、健康を害し、それで病院に行って、健康保険財政を悪くしてしまい、大多数の吸わない人たちまで、財政悪化のとばっちりを受ける。
なんという馬鹿げたことでしょう。

野田財務大臣がタバコの増税が悪いと言うのなら、タバコを吸っての影響と考えられる病気や健康障害には、健康保険を適用しないようにしたらいいと思いますけど。
そうしたら、健康保険財政への悪化も少しはとめられて、その分復興へまわせるのと違いますか。

そうでなくても難病で苦しんでいる方々への保険の適用を厚くしてあげることも出来るのとは違いますか。
自ら病気になっても良いと言って、タバコを吸い続けている方々の分のその喫煙の影響での病気への適用を除外するだけで、保険財政が少しは良くなり、タバコ増税の分だけ復興へまわせるなら、世の中も良くなると思いますけど。

その増税の分に、公共の場の喫煙所の設置費用と運営費分も上積みしたらいいですよね。

いずれにしても、野田財務大臣は、タバコを吸わない人がどれだけ迷惑を被っているのか分かろうともしていないことだけは確かですね。

喫煙者は野田財務大臣バンザイでしょう。
しかし非喫煙者、嫌煙者にしてみれば、野田財務大臣・・・。

小児科医が見たタバコ病―喫煙と健康障害 (最新医学新書 (3))小児科医が見たタバコ病―喫煙と健康障害 (最新医学新書 (3))
(2004/12/21)
井埜 利博

商品詳細を見る
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。