スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

国会は菅内閣不信任への動き一直線! その中でも相変わらず情報操作か?

いや~! 
新聞各社、どこを読んでも国会は菅総理への不信から内閣不信任への動きが各社の思惑を含めて「不信任へ」「不信任へ」という記事だらけですね。

こうした中、またもや菅総理と農林水産省による情報操作なのか、情報隠ぺいの動きなのか、不審な動きが出ています。

そもそも、九州有明海の諫早湾干拓事業に基を発する諫早湾潮受け堤防開門問題ですが、昨年12月20日に総理の愚談で上告をせずに、長期開門調査が決まったんですよね。
正確には決まったというか、菅総理が独断で決めたんですね。

その開門調査を実施するに当たり環境影響評価(アセスメント)をその前から実施していたそうですが、鹿野農水大臣は国会で、5月にアセスの中間報告を行うと言っているんですね。筒井農水副大臣は自分が出席している長崎県との会合で、やはり5月に中間報告が行われる旨の発言が誰からか行われていて、その発言を否定していないんですね。

5月も今日と明日のみになってしまったんですが、まだ何時公表するか分からないというんです。
その最中に長崎の新聞にこんな記事が出ていたんですよ。

「諫干開門調査アセス、中間報告あす以降」:長崎新聞5月28日
「国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防排水門の開門問題で、鹿野道彦農相は27日、開門調査に伴う環境影響評価(アセスメント)の中間報告は29日以降になる見通しを示した。農相の本県来訪は中間報告後になる見通し。」

「農相は閣議後の会見で、アセスの中間報告について「最終的に総理が『よろしい』となってから報告したい。(本県来訪は)その後になる」と語った。菅直人首相が主要国首脳会議(ドービル・サミット)から帰国する予定の29日を待って中間報告の了承を得たい考え。本県来訪の具体的な日程については『めどは整っていない』と述べるにとどまった。」

「農水省は首相の了承を得た後、今月中に中間報告を出す方針。農相は中間報告後の早い時期に来県し、中村法道知事に説明する意向を表明している。」

鹿野農水大臣の国会での発言は何だったんでしょうか。国会で民主党の大臣はそんなに軽い発言をしていいんでしょうか。

菅総理がダメと言ったら、公表をしないんでしょうか。
それともデータを操作して、総理の気に入る数字で公表するんでしょうか。
しかしこれって、改竄ですよね。
こんなことが許されるんですかね。

筒井副大臣は自分が出席している多大な影響を受ける「長崎県」との会議で出された発言をどう捉えているんでしょうか。
この筒井という副大臣も約束を守る気がないんでしょうかね。それでは、この大臣、副大臣とどんな話をしても、どんな約束をしても全く無駄ではないでしょうか。

税金から高い歳費と手当をもらっているんですよ。この方々は。
その上に、農家へ国民の多額の税金のバラマキもしているんですよ。

いずれにしても、データの改竄も許されることではありませんし、国会等で発言したことは守るべきですよね。
もう少し期限はありますので、経緯を見てみましょうかね。

よみがえれ、宝の海―有明海・諌早湾~不知火海・球磨川と漁民たち (岩波ブックレット)
この本を参考に。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。