スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

民主党政権は増税しか頭にないみたいですね! その前にやることがイッパイあると思いますが!

民主党の菅政権。
増税だけしか頭にないようですね。
これだけ国民生活が疲弊している中で、増税したらその後の国民生活がどうなるか思い描かないんでしょうか。
民主党はマニフェストでバラマキ政策をイッパイ訴えていて、膨大な国民の税金を費消していますよね。
それも産業振興でもなく、地域振興にも役に立たないバラマキです。

そんなことより、国家公務員の人件費2割削減、国会議員の定数削減、を先に実行したらどうなんでしょうかね。
この大震災で復興財源に回すという公務員の給与削減も一般の若手公務員は7%削減だけでの交渉だというんですから、呆れてしまいます。

その程度の削減にも民主党支持の公務員労働組合員は反対しているというんですね。
民間なら倒産の事態ですよ。倒産したら給与も何ももらえないんですよ。
今は国家が倒産の事態を回避できるかどうかの瀬戸際ではないでしょうか。
民主党支持者って、そんなことも分からないんですかね。

そして酷いのがやはり国会議員の定数削減に踏み込まない点でしょうか。
半年間の歳費50万円削減でお茶を濁して、それで済ませようとは。
これが国会議員の招待なんでしょうけど、許せますか。

裁判でも選挙について違法判決がいくつも出されているんですよね。
それを無視して、高額な歳費と特権に固執する。いやですね~。

こんな中で増税の話が先行して、国民を諦めさせる腹積もりなんですかね。
国会議員の議席泥棒の「増税派の与謝野馨」を自民党から引き抜いて、さらに同じ増税派の有権者がノーを突きつけた「女性は産む機会発言の増税派柳澤伯夫」まで引っ張り込んで、増税を画策しているんですものね。

記事に「東日本大震災の復興ビジョンを描く菅直人首相の諮問機関『復興構想会議』の五百旗頭(いおきべ)真議長(防衛大学校長)が18日、朝日新聞のインタビューに応じた。復興財源について『増税の可能性は排除しない』と語り、6月下旬の1次提言に向けて増税も視野に論議を進める意向を示した。」
「構想会議が先にまとめた『復興構想7原則』には、財源確保を念頭に『国民全体の連帯と分かち合い』との文言が盛り込まれている。これについて五百旗頭氏は『社会全体で(復興を)支えきろうという趣旨だ。財源論を否定したら、その瞬間に復興はうそになる』と強調。『国債も使わざるを得ないだろうし、償還をどうするかという中で、増税の可能性も否定できない』と述べた。」

この五百旗頭議長なる人物、この復興会議の議長として、国民の貴重な税金からいくら貰っているのか、公表して欲しいですね。
これ以外にも民主党政権、イッパイ民間人を政府内に肩書きをつけて入れていますけど、税金からいくら払っているのかも公表して欲しいですね。

きっと私たち庶民には考えもつかない金額になるんでしょうね。
それで庶民には増税ですか・・・。

 五百旗頭氏はまた、自民党の谷垣禎一総裁と石破茂政調会長に、構想会議で復興プランについて意見を述べるよう打診したことも明らかにした。「谷垣氏も石破氏も『イエス』だったと私は理解している」と語ったが、回答は保留されたままだという。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。