スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

民主党さん、この大震災への対応が急がれる中、急に沖縄へ! 何をしたいんでしょうか!

沖縄の基地移転。これまでこの件をほったらかしておいて、今回の大震災への対応も何をしているんだろうという疑問を待たざる得ない対応。
こうした中で急に何を思ったのか、民主党岡田幹事長、沖縄に行ったんですね。
「民主党の岡田克也幹事長は4日午後、沖縄県を訪問し、県庁で仲井真弘多知事と会談した。米軍普天間飛行場移設問題の打開に向けた環境整備が狙いで、5日には地元経済団体幹部らと会談する。民主党が政府と一体となって地域振興策に取り組む姿勢を示すことで、地元との信頼関係づくりを進めたい考えだ。」
「岡田氏は仲井真氏との会談で『沖縄の声に耳を傾け、現実をよく知り、より良い将来の沖縄のプランができればと思う。党の立場で強力にサポートしていきたい』と述べ、2012年度にスタートする新たな沖縄振興計画策定を後押しする考えを表明した。」
「仲井真氏は、県の事情を勘案した自由度の高い一括交付金の配分などを要望。これに対し、岡田氏は党政策調査会に沖縄振興を扱うプロジェクトチームを設置し、要望を反映させる考えを示した。普天間問題は議題に上らなかったとしている。」 
「岡田氏が幹事長として沖縄を訪問したのは、1月、3月に続いて3回目。岡田氏は2日の記者会見で『幅広く沖縄と向き合い、沖縄の声に耳を傾けるのが(訪沖の)趣旨だ』と述べ、普天間問題の進展が訪問の直接の目的ではないと強調した。」
「ただ、6月下旬で調整している菅直人首相訪米まで2カ月を切り、普天間問題で一定の道筋を付けることは、政府・与党の重要課題だ。政府は4月下旬、代替施設について、米側が求める滑走路2本のV字案を受け入れる方針を確認。7日には北沢俊美防衛相も沖縄入りするなど、説得工作を活発化させる構えだ。」
「沖縄側には、政府が東日本大震災で米軍の全面支援を受けたことから、移設受け入れを迫ってくるのではないかと警戒する向きもある。岡田氏としては一連の会談で、沖縄振興に重点を置き、地元との融和を優先する意向だ。」

民主党政権の何事に対しても遅い対応の中。
「東京外国為替市場では、ドル・円相場が一時、1ドル=80円台後半まで値を切り上げている。週末に米雇用統計を控えて、短期的に膨らんだドル売り・円買いの持ち高を手じまう動きが先行。一部で円売り介入への警戒感も浮上するなか、前日の海外市場で円が急騰した反動が出ている。」

外国為替以上のことは良く分りませんが、この大震災の中で円が高くなるというのはどういうことなんでしょうか。
世の中、民主党政権になってから本当に訳が分からないことだらけです。
外国為替市場のこともちょっとくらいわかるように今後調べてみたいと思います。
ドル円相場の政治経済学―為替変動にみる日米関係
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。