スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

地方の金融はこれからどうなるんでしょうか?4年前の熱気はどこへ!!

「郵貯上限2000万円まで引き上げ」地方の信用金庫や農協の金融を担っている機関はどうなってしまうんでしょうか。鳩山由紀夫総理が決断したということですが、要は亀井大臣たちが選挙に当選するのに特定郵便局長会などの支援が必要だ、候補者が出ていない選挙区は自分たち民主党に票を入れてくれるから、本当の地方の経済のことなんかどうでもいいや、それに集めたおカネを郵便局じゃ投資できないから、国債を買ってくれるから、ジャンジャン借金できて、自分たちを支援してくれる日教組や大企業の労働組合がお金ちょうだい、というところへ大盤振る舞いできるよ、ラッキー。ということなんでしょうかねー。

そして小沢民主党幹事長が幹事長を辞めないのは、たとえ参議院選挙で、自分たちのバラマキ行為が、賢明な国民に見透かされても、どうせ政権交代は起きないし、その後の政権運営は公明党との連携で乗り切ればいいと考えているためだろう、ということが言われてますよね。

さらに、長妻厚生労働大臣について、こんなこともあったという記事まで出てきました「独立行政法人の役員人事で、有識者による選考委員会が2度にわたって同じ官僚OBに決めたが、長妻昭厚労相が覆した。不透明な天下り人事の排除を狙った公募だが、長妻氏による「人事介入」への疑問も出ている。」これでは選考委員会は必要ないのではないでしょうか。選考委員会にも皆さん方の税金が使われているんですよ。
昨年末の独法の役員公募では選ばれた人の中にも「同じような例があり、元官僚だからということだけで、選考委員会が選んだ人がはねられた例があって、代わりに口の軽い大臣が選んだのが民主党の活動家で、民主党の活動家を押し込まれた先では、2000万円弱も給料を払わなければいけないんだから、ただ遊ばせておくわけにはいかないけど、この民主党の活動家が応募したにもかかわらず、その役職の仕事を何もできないそうで、何をやってもらえば良いんだろうと、頭を抱えているという話もあるそうです。
鳩山由紀夫政権の大臣たちや民主党は、自分たちのことばかりですね~。私たち庶民の暮らしをどう考えているんでしょうかね~。

また新聞によると、明日からはいろいろと払わなければいけないおカネが増えてしまいますが、民主党支持者へのバラマキの一方で、更なる増税の方針もはっきりしてきたようで「菅直人財務相が発表した今後の経済財政運営に関する談話には、財務省指南の増税路線をうかがわせる文言がちりばめられた。談話は「増税こそデフレ対策」という内容で、菅氏がこれまで掲げてきた『需要重視、成長重視』とはやや趣が異なる。」となっています。

暮らしが苦しい中、これから余計に苦しくなってしまいますね。これも民主党政権を選んだ方々が多かったんですから、仕方ないということなんでしょうか。

最後にもう一つ、民主党のエースといわれ党首まで経験した岡田外務大臣が「主要8カ国外相会合の後の記者会見で発言できなかったことに不満」という記事。要は取材に来て、会見に出ていた記者たちが誰も日本の岡田外務大臣に質問しなかった、それで発言できなかった、ということですが、民主党政権があまりに酷いので、世界中のどこの国の記者も、日本に質問しても仕方ない、日本を相手にしていない、ということだと思いますが、民主党政権はお分かりになっていないようですねー。困ったものです。
皆さんいかがお考えでしょうか。
関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。