スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

菅政権で菅降ろし?! 閣僚全員辞任するか、心ある者が議員辞職すれば決着ではないでしょうか!

東日本巨大地震と津波の被害で国民みんなが大変な時に民主党はこんな状況なんですね。
「『菅降ろし』どんどんやれ! 前原&野田、若手の暴走知らんぷり」
「政府は22日午前0時、福島第1原発から20キロ圏内を、立ち入ると罰則がある『警戒区域』とした。菅直人首相は同日午後、状況を説明し、理解を求める記者会見を開催。しかし、その足元は大きく揺らぎ始めた。菅首相を支えてきた前原誠司前外相や野田佳彦財務相までが、『菅降ろし』を真剣に止めない“末期症状”となっている。」

「21日、国会内で開かれた前原グループの会合。稲富修二衆院議員が、前原氏に対して『ご迷惑をおかけしてすみません』と話しかけると、前原氏は『迷惑なんてかかっていないよ。どんどん、やったらいい』と応じた。」

「稲富氏ら1回生45人は19日、『国難に立ち向かうための勉強会』を発足させた。前原、野田両グループの党内主流派だけでなく、中間派や非主流派である小沢一郎元代表に近い議員までが集まり、『菅降ろし』と絡めて受け止められたことを稲富氏が陳謝したが、前原氏がこれを容認したのだ。」

「野田氏の言動も注目される。」
「メールマガジンで首相退陣論を是認し、記者団に『人としてどうか』と菅首相の人間性を否定した中間派の桜井充財務副大臣は21日の記者会見で、直接の上司である野田氏の注意が、『筆が滑りすぎないように』と電話で言われただけだったと明かした。」

「党内主流派のリーダー2人が『菅降ろし』を放置する現実。」

「菅首相はこれまで、党内の『小沢アレルギー』と『首相を頻繁に代えるのはよくない』という意識を求心力に変えてきた。しかし、小沢氏に近い若手議員は『非主流派と中間派は退陣を求め、主流派までが静観し始めている。民主党内のサイレントマジョリティーは『菅首相ではもうダメ』だ』と話している。」

前原氏は法律違反で大臣を辞めましたけど、ついこの前まで菅総理の下で大臣をやっていたんですよね。
そして野田氏は今でも菅民主党政権の現職大臣なんですよね、それも財務大臣。もっとも官僚に操られているとの評価ですけど。
このお二人、菅総理が辞めたら後釜は自分だと思っているんですかね。
民主党政権自体が国民から拒否されているとは感じないんですかね。

菅総理を辞めさせたければ、大臣を辞任したうえで離党し、新党でも立ち上げて、野党にも協力を仰いで「内閣不信任案」を成立させたらいいのではないでしょうかね。

この大震災で復興もまだ緒にさえつけていない今の現状では、解散なんて夢のまた夢でしょう。
この方々、解散なんかできないから安心して「菅降ろし」をやっているのではいでしょうかね。
自分たちが総理になれると思いkんでいるようですし。



関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。