スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

おカネスキャンダルが絶えない民主党! そろいの防災服で800万円! カネ持ちですね! 発表は真実だけにしてくださいね!

おカネのスキャンダルが絶えない民主党、今度は政党交付金で防災服に800万円を使うらしいですね。
「民主“おそろい防災服”800万円超で新調…今、できること?」
「菅直人首相率いる民主党のあぜんとする情報が飛び込んできた。東日本大震災を受け、国会議員や秘書が着用するおそろいの防災服をあつらえることを決めたというのだ。単純計算で800万円以上かかるが、被災者支援に寄付した方がいいのではないか。」

東京に居て被災地に行くわけでも、缶詰めになって不眠不休で対策を講じているわけでもないのに、防災服を着用してパフォーマンスをやっている与野党議員に違和感を持っているんですが、今度は政権与党の民主党がその防災服に800万円以上を投入するんですって。
それを困っている人たちへ配分できるように国家へ返納したらどうなんでしょうかね。

そしてそのおカネ持ちの民主党のスポークスマン。
「あ~いえば枝野? あまりの冗舌ぶり「上祐2世」の揶揄も」
「震災発生以来、政府のスポークスマンとして連日露出して評価を高めているが、肝心な質問をはぐらかすこともしばしば。この人を信用していいのか。」
「肝心な部分で答弁をはぐらかす面も。」
「例えば、原発からの放射性物質について、『ただちに健康に影響はない』というが、『ただちに影響するのはどの程度か』『どの程度長期的に受けたら問題か』という点は明言しない。」
「枝野氏の会見内容が、東京電力や経産省原子力安全・保安院の内容と違うことも何度かあり、『ミスリードする気なのか!』と担当記者が激怒したこともあった。」
「インターネット上では、オウム事件で教団スポークスマンを務め、マスコミの追及を狡猾な弁舌でかわした上祐史浩氏になぞらえて『上祐2世』と揶揄する向きもあります」(ネットジャーナリスト)
「省庁間の調整などは仙谷氏に頼り切りとの指摘もある。枝野氏は就任当時、『俺は毎日、どうやって(記者の質問への)回答をかわそうか考えている』と周囲に語っていたが、原発に関する発表だけは、はぐらかさないことを望みたい。」

この記事を読むと枝野官房長官の人間性もふくめてよ~く分りますよね。
上佑は結局、言っていること全てが事実と異なっていたんだったですよね。
今度の枝野上佑2世もそうなんでしょうかね。
それだったら本当に怖いですね。

政府のスポークスマンは本当のこと、真実だけを発表してもらわないと困りますよね。
新聞にさえ、民主党政権は本当のことを発表していないのではないかと書かれるようでは・・・・。

関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。