スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

人ごと菅総理が専門家? 無責任にも「最悪なら東日本つぶれる」!

東工大卒というだけで原子力の専門家を自称した菅総理。
民主党支持の労働組合の親分である連合の会長も経験し、論功行賞で内閣特別顧問に就任させてもらった笹森氏。「最悪の事態になったときは東日本がつぶれることも想定しなければならない」。
菅直人首相が東京電力福島第1原発の事故をめぐり、首相官邸で会った笹森清内閣特別顧問にこう語った。

民主党の最大スポンサーの笹森氏によると、首相は「僕はものすごく原子力に詳しいんだ」と専門家を自任。東電の対応について「そういうこと(最悪の事態)に対する危機感が非常に薄い」と批判し、「この問題に詳しいので、余計に危機感を持って対応してほしいということで(15日早朝に)東電に乗り込んだ」と続けた。

なんという無責任な国の最高責任者なんでしょうか。
自分が責任者であることさえ何の自覚もない発言ではないですか。

そしてこんな記事も、
「政府無策の6日…緊急本部、具体案示せず」
「菅首相らは東京電力福島第一原子力発電所の事故への対応に忙殺され、十分な手だてがとれていないのが実情だ。」

「16日に開かれた政府の緊急災害対策本部で、首相は『食べ物、水、燃料に関して各地から不足の声が上がっている。全力を挙げてその原因を取り除く努力をしてもらっているが、一層の努力をお願いしたい』と述べた。首相は12日の国民へのメッセージで、『避難所に食事、水、毛布、暖房具を送り届ける態勢を進めている』としていた。しかし、実際には発生から6日目の16日になっても、物流が滞ったままであることを認めざるを得なかった形だ。」

「被災者対策の司令塔である同本部は11日の発足以来、計11回の会合を開いた。しかし、会合後の枝野官房長官の記者会見で、物流正常化に向けた具体策が発表されたことはない。」

「枝野氏はそのほかにも何度も記者会見に臨んでいるが、大半は原発事故の現状と政府の対応の説明に終始しているのが現状だ。与党内でも『首相も枝野氏も原発の事故に集中し過ぎて、被災者支援が手薄になっている』(民主党中堅議員)という声が出ている。」

「今回の巨大地震で鉄道がストップし、港湾施設も被害を受けたが、緊急輸送道路となる東北自動車道などは利用可能だ。各地のトラック協会などが物資輸送に協力すると申し出ても、政府が被災地から帰るための燃料の確保に策を講じようとしないため、断念するケースもあるという。『優先的に燃料を補給する措置を取ることなどで、輸送を増やす手だてはまだある。物資が足りていないわけではない』という指摘もあり、政府の対応が問われる状況となっている。」

これらの記事を読んでもやはり民主党政権の無策がここまで混乱を引き起こしたということがよ~く分りますね。


関連記事
12カ国語達人のバイリンガルマンガ 12カ国語達人のバイリンガルマンガ。言語学者の考えた発音つき英語学習法。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
夜のお友達
たまには
便利なサービス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。